今注目のアプリ、書籍をレビュー

2

3DSと何が違うの? 3DSLLのパワーアップを超ていねいに解説してみた

2012年9月6日 11時00分 ライター情報:杉村啓

3DS(上の赤いの)と3DSLL(下の黒いの)のボタンの比較写真。
3DSは平面に押しづらいSELECT、HOME、STARTが配置されていて、さらに電源ボタンが押しやすいように飛び出ています。
一方の3DSLLではSELECT、HOME、STARTボタンがしっかりとしたボタンになってどこを押せばいいのかわかりやすくなり、電源ボタンがひっこんでいて押しづらくなっています。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

しかも、伸縮式じゃないタッチペンが入っているので、とっさに必要になったときもストレス無く取り出して使うことができるようになっています。

なお、本体右側に隙間を作るためか、SDメモリの収納場所が本体左から本体右になっています。さらに付属しているSDメモリは従来の2GBメモリから4GBのSDHC形式となって、さりげなくパワーアップしています。高速なSDメモリを使うとモンスターハンターのようなセーブ時間が長いゲームでは大きな差が出てきますので密かにうれしいポイントと言えるでしょう。

■電池は持つの?!

本体が大きくなったことで、多くの人が気にしている点は「電池が持つのか?!」ということではないでしょうか。3DSはお世辞にも電池が長持ちするとは言えず、スマートに充電できるよう本体にクレードルが同梱されていたぐらいです。

3DSLLは本体が大きくなった分、電池も大きくなったせいか、結構電池が長持ちする印象です。まだ買ったばかりで、電池を使い切るまで遊んでいないのですが、少なくとも3DSではそろそろ電池のライトが赤くなる(残量が少ないサイン)なーというところでも赤くなっていなかったので、3DSよりも少し長持ちという感じです。

■不満点はあるのか

改良されている点ばかりをアピールしてきましたが、不満点も無いわけじゃありません。まあ、重い……のは仕方が無いとして。個人的にここはもうちょっと何とかならなかったかな? と思うのがボリューム調整ボタンです。

従来の3DSのボリュームつまみよりも、3DSLLのボリュームつまみは大きく、触りやすくなっています。そのため、遊んでいると不意に触ってしまいボリュームが変わってしまうということが結構起きていたりします。

特に、仰向けに寝っ転がって遊んでいるときには、本体を顔の上に落とすと大惨事ですからちょっと本体を強く挟むような形で持ちます。そうすると、手のひらでボリューム調整つまみを押しちゃうことが多いのですね。ここはもうちょっと固く、抵抗があるようにしてくれたらいいなーと思う点でした。

あと、イヤホンジャックが真ん中から左下に移動したので、ちょっと左手に当たる時があるのがマイナスです。真ん中のままで良かったのに……


■買った方がいいの?

さて、買った方がいいか、買わない方がいいか。これはもう、圧倒的に「買い」です。重さに抵抗がある人でない限りは、3DSLLの方が完成度が高いため、買った時の満足度が大きいでしょう。

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    この記事って、誰かがマクロか何か使ってランキング入りさせているのかな? もっと大事なことが多々あると思うんだけどなぁ

    3
  • ノラ猫さんノラ猫さんノラ猫さん 通報

    名前を入れないと「ノラ猫さん」になるんですね。 やっと判明。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品