今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

カビ菌をまき散らすアロマディフューザーいらない。究極に簡単なアロマオイルの楽しみ方

2015年7月22日 10時30分 ライター情報:斎藤充博
アロマをかんたんに楽しむ方法です。

アロマディフューザーはカビやすい


雑貨屋さんのアロマコーナーに行くと必ず売られているのが「アロマディフューザー」。水とアロマオイルを入れて、超音波でアロマオイルを拡散させます。

これはこれで良い道具なのですが、水を使うだけにどうしても「カビやすい」という欠点が。
カビやすいのが残念

ディフューザーに一度カビが生えると、きちんと取り除くのはかなり大変。そのまま使うと部屋中にカビ菌をまき散らすことになってしまいます。

他にもアロマポット(ロウソクでアロマをあぶる)なんて道具もありますが、火を使うだけにお休み前はちょっと使いにくい。

ワンルームだったら「お湯」で充分香りが広がる


ジャムの空きビンにお湯とアロマオイルを入れています

アロマの香りを楽しむのに専門的な道具は必要ありません。なにか容器に熱湯を入れ、アロマオイルを数滴たらすだけでOK。

これだけでアロマオイルが温まり、アロマの香りがちゃんとひろがります。一人暮らしのワンルームくらいの部屋だったらこれで十分です。

寝る前だったらハンカチに染み込ませるだけでOK


自分一人だけで楽しむなら、もっと手軽な方法もあります。寝る前にハンカチなどの布にアロマオイルを垂らして、枕元に置いておけばそれでOK。部屋中に拡散しない分、オイルも節約できます。1滴くらいでも十分でしょう。

ただし、オイルはシミになってしまうので、大事なハンカチは使わないでくださいね。また、一度オイルを染み込ませたものを乾燥機に入れるのも危険です(火災の事例がある)。

オイルはいいものを


さて、器具を買わないで浮いたお金でアロマオイル自体はぜひ質のいいものを買ってほしいです。 「生活の木」「ニールズヤード」「ガイア」なんかのメーカーがおすすめです。

ちなみにオイルの種類は「ラベンダートゥルー」「イランイラン」なんかのオイルが寝る前にはおすすめ。いつもより一段階深い眠りが楽しめますよ。

(斎藤充博)

ライター情報

斎藤充博

指圧師として「下北沢ふしぎ指圧」を営業。またライターとして「デイリーポータルZ」「みんなのごはん」などに書いてます。書籍『栃木のおきて』も発売中。

URL:下北沢ふしぎ指圧

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品