今注目のアプリ、書籍をレビュー

13

ミニスーパーファミコン届いた、遊んだ、ここに気をつけろ

2017年10月6日 10時00分 ライター情報:杉村啓
10月5日にニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(以下ミニスーファミ)が発売された。昨年の11月10日に発売されたニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター(以下ミニファミコン)に続く、手のひらサイズのニンテンドークラシックミニシリーズの第二弾だ。早速手に入れてみたので、レビューしたい。
ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(税別7980円)
通販サイトではプレミアムがついているが、2018年以降も生産されることが決まっているので、なるべく定価で買うようにしたい

まずは本体から


本体で注目したいところは、完全にスーパーファミコンを縮小したものにしているところ。細かいところもそっくりに仕上がっている。
ミニスーファミ(左)とNintendo 3DS LL(右)
サイズはかなり近い

ミニスーファミ(左)とミニファミコン(右)
ミニスーファミの方がコンパクトにまとまっている

本物と違うのは、カートリッジを差し込むのではないので、差し込み口とEJECTボタンが機能していないところ。そして、テレビとの接続はHDMI、充電はMicroUSBと、各種端子が現在のものに改められている。

コントローラーをしまうギミックを再現したため、コントローラーも小さくしてしまったミニファミコンに対し、ミニスーファミではコントローラーは通常のサイズとなっている。接続端子はWiiのリモコンに接続するものと同じだが、Wiiのクラシックコントローラーなどを接続できるかはまだ試していない。
コントローラーは2つ付属している。Wiiのコネクタと同じ形状

少しだけ気になったのは、コントローラーのボタンの感触。すこし、やわらかくてふにゃふにゃとした押し心地なのだ。記憶にあるスーパーファミコンのコントローラーはもう少しカッチリとしていたような気がするのだが、これは他のコントローラーの記憶が混ざっているのかもしれない。

リセット&リプレイ機能


ミニスーファミの最大の売りは、リセットボタンによる中断セーブとリプレイ機能だろう。

リセットボタンを押すことで、いつでもホーム画面に戻ることができる。このとき、それまでの間にプレイしていたシーンが一時的に保存された状態になっていて、いつでも再開できる。
リセットボタンを押すと、ホーム画面にすぐ戻り、羽の生えたデータが表示される。これをそのまま中断ポイントに保存できる

さらに、一時保存を「登録」することで本体にセーブし、いつでも中断ポイントから再開することができる。これにより、『ファイナルファンタジー6』のようなゲーム内でセーブ機能を持っているゲーム以外でも、データ保存ができるようになった。

このデータは電源を切っても保持されているため、翌日にでもすぐに同じポイントから遊ぶことができる。そのため、多くの人が行ったであろう、親に今すぐゲームをやめなさいと言われても「(セーブできる)キリのいいところまであと少しだから!」と言って少しでも長く遊ぶ作戦ができなくなってしまった。

そして、この中断ポイントはさらに、リセットボタンを押す前の40秒ぐらいのデータも同時に保持している。

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

コメント 13

  • 匿名さん 通報

    細かいことですが、バッテリ搭載でなければ「充電」ではなく「給電」ではないでしょうか。

    50
  • 匿名さん 通報

    超魔界村 処理落ち で検索すればそれに関する記述がいくらでも出てくるのに、それをしないで「気になった点」とかわざわざ書く意味がわからない。 レビューというよりただの感想メモですね。

    39
  • 匿名さん 通報

    初期のロードランナーやボンバーマンがあれば買うのだけどね。リメーク版のやたらポリゴン化しているのより、2Dのシンプルなやつがやりたい・・・

    16
  • 匿名さん 通報

    クラシックコントローラーも動作しましたよ。ホームボタンでホーム画面に戻ることもできました。

    10
  • 匿名さん 通報

    タイトル収録数からしたらコスパは良いのだろうけど、なぜコンパクトサイズに拘るのか?がいまいち理解できない。ふつーに復刻で良いような??小さくして操作しづらいじゃ改悪w

    9
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品