今注目のアプリ、書籍をレビュー

「ジャンプ放送局」のように〈TBSラジオ「 Session-22」パーソナリティ・荻上チキに聞く2〉

2013年4月19日 11時00分

ライター情報:オグマナオト

TBSラジオの新番組「Session-22」でメインパーソナリティを務める荻上チキ/1981年生まれ。評論家。学生時代から「成城トランスカレッジ」などのブログで、アルファブロガーとして注目を集め、メディア論を中心に、政治経済、社会問題、文化現象まで幅広く論じる。「シノドス」など、複数のウェブメディアの運営に携わる。著書『ウェブ炎上』『ネットいじめ』『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか』『彼女たちの売春』など。2010年から「ニュース探求ラジオ Dig」曜日別パーソナリティを担当し、4月から「発信型ニュースプロジェクト 荻上チキ Session22」(月~金:午後10:00~深夜0:55 ※金曜日のみ11:55まで)でメインパーソナリティを務める。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

TBSラジオの新番組「発信型ニュース・プロジェクト 荻上チキ Session-22」でメインパーソナリティを務める評論家・荻上チキへのインタビュー、後編です。
前編はこちら


《やりながら進化できる余地を残した強み》
─── TBSラジオ・夜の10時と言えば「バトルトークラジオ・アクセス」「ニュース探究ラジオDig」と続く、“ニュース系討論番組”の枠だと思います。だからこそ継承したいこと、反対に、変えていきたいことは何でしょうか?

荻上 ひとつは、「マスメディアではできない議論。でも、ここでなら聴ける」という期待感ですよね。実は僕、ラジオって「マスメディア」とは位置づけていなくて、「メゾメディア」と勝手に呼んでいるんです。

─── メゾメディア?

荻上 中くらいのメディアってことですね。規模が違うんです。新聞であれば、一時期「1千万部」とうたってましたけど、数百万人単位に届くメディア。テレビもそうですよね。例えば「サッカー中継が40%」となったら、もう数千万人が見ているわけですよ。でも、ラジオや雑誌ではそんなこと絶対ないんですよね。新書で「ベストセラー100万部、スゲー!」と言ったって、いわばたかだか100万部。テレビや新聞であれば、常に数百万人相手に勝負をし続けているわけです。だからこそ、「中規模なメディア」として、マスのテレビや新聞ではない発信の仕方を考えなきゃいけない。ラジオ、雑誌、それから大手のウェブメディアは、そういう課題を持っています。それともうひとつは、やっぱりインタラクティブ性です。

─── 「アクセス」は電話参加、「Dig」はTwitter参加が特徴的でした。

荻上 「Dig」が始まった2010年当時、Twitter連動のガチ番組ってほとんどなかった。Twitter連動を唱っていながら、タイムラインはほとんど動いていなかったり。もっとも今ではNHKの「NEWS WEB」のようなTwitter連動の番組がどんどん増えてきて、それなりにタイムラインも動くようになってきています。つまり、Twitter連動まではデフォになっていると思うんです。だからこそ「Dig」の後を受けるこの番組では、それ以上のインタラクティブ性を用意しなくちゃいかんだろう、と。そこで考えついたのが、タイトル通り「Session」という番組形式。要は、あるものは全部使う。電話も使うしFAXも使うし、もちろんハガキ、メール、Twitter、Facebookも使う。

ライター情報

オグマナオト

福島県出身フリーライター。エキレビ!ではスポーツネタを中心に追いかけています。また“文化系スポーツライター”として野球専門誌でのコラム執筆やJ:COMプロ野球サイトで小説風コラム『プロ野球・同級生物語』を連載中。webマガジン幻冬舎『お前の目玉は節穴か』では実況アナウンサーへのインタビュー連載を担当。ほか、雑誌やWEB媒体で人物インタビューを取材・構成したり、長寿漫画を読み漁ったり、食べ物を食べまくったり、全国の風車を見まくったりしております。

ツイッター/@oguman1977

注目の商品