今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

推してきてよかった! SKE48「アイドルの涙 DOCUMENTRY of SKE48」

2015年2月27日 10時50分 ライター情報:近藤正高
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「アイドルの涙 DOCUMENTRY of SKE48」
SKE48の結成から現在まで約6年半におよぶ軌跡をたどったドキュメンタリー。2月27日(金)公開。卒業したメンバーのその後にも迫るなど濃密な内容ながら、盛りこめ切れなかったエピソードも結構あり、名古屋での先行上映で舞台挨拶に立ったメンバーからは早くも続編を石原真監督に要望する声もあがっていた。
なお今後も5月に乃木坂46、8月にNMB48、11月にHKT48と関連グループのドキュメンタリー映画の公開が予定されている。
(画像は映画の前売券)

[拡大写真]

SKE48のドキュメンタリー映画「アイドルの涙 DOCUMENTRY of SKE48」が本日、2月27日から全国の劇場で公開されます。

あらかじめ断っておくと、SKE48ファン、それも初期から応援してる人であれば、この記事を読む前にまず映画館へ見に行ってください。ネタバレとかいう以前に、少しでも前情報を入れてしまうときっと楽しみが減ってしまうはずなので。

内容について心配することはありません。何しろ監督は、NHKで前田敦子の卒業特番や「AKB48 SHOW!」など48グループ関連の数々の番組を手がけ、ファンからの信頼も篤い石原真プロデューサーです。どの場面も私たちファンの心をつかんで離しません。SKE48の歴史に残るあの場面もこの場面もちゃんと入っています。また、インタビューには現役メンバーだけでなく卒業生もたくさん出てきます。私が見に行った名古屋での先行上映では、ある卒業生がスクリーンに登場したとき劇場が一瞬どよめきました。そのほか話には聞いていたけど実際に見るのは初めてという映像も結構あって、ファンならば驚くことも多いはずです。そして見終わったあと、このグループを推してきてよかった! と心の底から思うことでしょう。

そんなわけでこの映画はファン必見の内容になっているのですが、ここはぜひファンでない人にも見てほしい。以下、そういう人たちのためにちょっと紹介してみます。

SKE48は2008年に名古屋・栄の専用劇場を拠点に、AKB48の初の姉妹グループとして誕生しました。映画の前半では、結成時のメンバー(1期生)に対する振付師の牧野アンナによる厳しいレッスンの様子が大きくとりあげられています。その厳しさの裏には、先行するAKB48に対しどうにかして独自色を打ち出さなくてはならないという事情がありました。SKE48のお披露目は日比谷野音でのAKB48のコンサート。雨の降りしきるなか彼女たちが披露したのは、AKB48の劇場公演曲である「PARTYがはじまるよ」でした。その力強いダンスは、「あんなハードな『PARTYがはじまるよ』は見たことがない」とその場に居合わせた人たちに言わしめることになります。

お披露目のあとも厳しいレッスンは続きます。とりわけ1期生によって結成されたチームSの初のオリジナル公演「制服の芽」の開始直前のレッスンは壮絶をきわめました。このとき、セットリスト中の一曲「ピノキオ軍」のダンスに牧野はなかなかOKを出しません。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品