今注目のアプリ、書籍をレビュー

Hey! Say! JUMP山田涼介に椎名桔平が「いや、可愛かったよ」映画『暗殺教室』完成会見レポ

2015年3月5日 10時50分

ライター情報:オグマナオト

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『暗殺教室』舞台挨拶に登壇した出演者たち。

[拡大写真]

「まさきが一発ギャグをやりまーす」

開演早々に宣言したのはHey! Say! JUMPの山田涼介。
その言葉を受け、隣にいた男はステージの中央に踊り出た。

「どーもぉ!! あなたのもとへ まっさき に! すだまっさき(菅田将暉)でぇーす」

「素晴らしい根性でございます」という山田のフォローもむなしく、舞台後方の殺せんせーオブジェに腰掛け、がっくりうなだれる菅田将暉。

その悩める姿にも、集まった女性ファンからは悲鳴にも似た歓声が飛ぶ。

「週刊少年ジャンプ」で連載中のコミカル教育エンターテイメント漫画『暗殺教室』が遂に実写映画化! 3月21日からの全国公開を前に、完成報告会見と舞台挨拶が3月4日、都内で行われた。

登壇したのは、映画初出演にして主演を務めた山田涼介。そして共演の椎名桔平、菅田将暉、山本舞香、知英、高嶋政伸、加藤清史郎、橋本環奈、羽住英一郎監督ら総勢11名(記者会見は山田涼介、椎名桔平、菅田将暉、山本舞香、知英、羽住英一郎監督の6名)。

それぞれが撮影秘話や見どころを語っていくのだが、そこはいつも悩める3年E組らしく、一人一人がなぜか悩みを告白していく会見となった。

◎山田涼介が悩んだこと

「(Hey! Say! JUMPの)LIVE本番直前に別室に呼び出されて、『これやるよ』と映画出演を言い渡されました。『この後、どんな気持ちでLIVEやれと……?』っていうのが最初の気持ちでしたね(笑)」

この映画の出発点を笑いながら語った山田涼介。ただ、撮影中は悩むことばかりだったという。
「正直、僕よりも適した人間がいるんじゃないかなって悩んだ時期もありました。僕の演じた潮田渚っていう役は、原作ではすごく女の子っぽい男の子。(中性的なイメージが)僕には当てはまらないかな? というのもあって、そこをどう出せばいいかをプロデューサーさん、監督さんと一緒に一生懸命考えました」

すると隣にいた椎名桔平がすかさずフォロー。
「いや、可愛かったよ。初めての競演なので山田君のことを知らないから、普段からこういう女性っぽい子なのか判断できないくらい、役に馴染んでいましたね」

◎椎名桔平が悩んだこと。

そんな椎名桔平は、今作で「初挑戦」が多かった、と語る。
「いろいろやってきたつもりだったんですけど、先生役は今回が初めて。最初のシーンで、30人の生徒を前に教壇に立って自己紹介をするシーンがあるんですが、『あぁ、こういう光景って(今まで)ないな』と、新鮮でしたね。

ライター情報

オグマナオト

福島県出身。『週刊野球太郎』『web R25』を中心にスポーツネタ、野球コラムを寄稿。構成した本に『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』『福島のおきて』など。

URL:Twitter:@oguman1977

注目の商品