今注目のアプリ、書籍をレビュー

明日開幕Jリーグ、なぜ代表監督はハリルホジッチなのか。ニッポン放送サッカーパーソナリティに聞く1

2015年3月6日 11時00分

ライター情報:オグマナオト

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニッポン放送の煙山光紀アナウンサー(写真左)と、洗川雄司アナウンサー(右)。明日のJリーグ開幕戦は煙山アナが実況を、洗川アナがピッチレポーターを務める。

[拡大写真]

今年もJリーグが明日3月7日(土)に開幕する。今季から2ステージ制がスタートするなど、大きな転換期を迎えるJリーグの動向。そして迷走中の日本代表はどうなるのか? ニッポン放送サッカーパーソナリティの煙山光紀アナウンサーと洗川雄司アナウンサーに「日本サッカーの今」を聞く。


《新代表監督に期待したいこと》

─── 明日開幕するJリーグの話題の前に、日本代表についてお聞かせいただければと。解任されたアギーレ監督の後任として、ブラジル大会でアルジェリア代表を率いて16強入りしたバヒド・ハリルホジッチ氏が確実、と各紙で報じられています。

煙山 誰になるにせよ、刺激のある人が来て欲しいですね。トルシエとか、オシムみたいに、周りの言うことを聞かない感じの。トルシエが来たときは、それこそみんなトルシエが嫌いでしたけど、僕はすごく面白かったんですよ。

─── たとえばどんなところが?

煙山 スリーバックに中田浩二を使うとか、ウィングで小野伸二や中村俊輔を入れるとか、当時の僕らの感覚ではありえないことを次々に打ち出し、そこを叩くメディアの存在もあって。おかげですごく盛り上がった。アジア大会にU21メンバーで参加して批判する人もいたわけですけど、今やそれが世界的にも普通のことになってますからね。オシムの場合は人格者というか、もともと箔があったからメディアも叩かなかったですけど、これまた相当なわがままを言ってましたからね。

洗川 こんな日程じゃ代表選べないとか、協会への嫌味で7人しか選出しないとか、スタメンが発表されてもどう並ぶのか、フォーメーションがわからないという。

煙山 そういうのって、僕ら伝える側の人間にとっては刺激的だし、僕らに刺激があるということは選手にも刺激的だということ。そこでハリルホジッチの話に移るんですが、彼も同じ匂いがする指導者なんですよ。オシムとも知り合いらしいですし。

洗川 ボスニア・ヘルツェゴビナ出身ですからね。

煙山 アルジェリア代表でも、ドイツを苦しめたりと、オシム的な哲学を感じますね。そういう人に日本サッカーをかき回して欲しい。だって、日本サッカーって僕らが考えている以上に、まだまだ世界からは遅れているわけですから。

洗川 W杯のたびに優勝したチームのやり方をまねたところで、次の4年後にはまた違うサッカーがトレンドになってしまう。本当はそこを一足飛びに目指さないと上にあがることはできない。

ライター情報

オグマナオト

福島県出身。『週刊野球太郎』『web R25』を中心にスポーツネタ、野球コラムを寄稿。構成した本に『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』『福島のおきて』など。

URL:Twitter:@oguman1977

注目の商品