今注目のアプリ、書籍をレビュー

いよいよ開幕プロ野球、パ・リーグの注目点〈ラジオナイター2015・実況アナ座談会1〉

2015年3月26日 11時00分

ライター情報:オグマナオト

このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真左から)TBSラジオ「エキサイトベースボール」初田啓介アナ、ニッポン放送「ショウアップナイター」松本秀夫アナ、文化放送「ライオンズナイター」松島茂アナ

[拡大写真]

3月27日(金)、いよいよプロ野球ペナントレースがスタートする。その開幕に先駆け、エキレビ恒例「ラジオナイター・実況アナウンサー座談会」を開催。誰よりも近い場所で目撃し、多彩な言葉で魅力を伝えるラジオ実況アナウンサーは何に注目するのか? TBSラジオ「エキサイトベースボール」初田啓介アナ、文化放送「ライオンズナイター」松島茂アナ、ニッポン放送「ショウアップナイター」松本秀夫アナのお三方に、今年のプロ野球の見どころ・聴きどころを語っていただきます。まずはパ・リーグ編。

【北海道日本ハムファイターズ × 東北楽天ゴールデンイーグルス(@札幌ドーム)】

松島 大谷翔平がオープン戦で精彩を欠いていました。

初田 まったくもって大丈夫でしょう! 栗山監督が「大谷は、ピッチングの調子が悪いときはバッティングの調子が良くて、ピッチングの状態を上げるためにバッティングを使っている」と言っていました。だから、二刀流をやめちゃったらピッチングを修正する手だてがなくなってしまう。そのぐらい、今の大谷にとって二刀流というスタイルが投打ともに自分の調子を維持するために染み付いているわけです。

松島 最強パターンですね。

松本 今年からニッポン放送の解説者になった里崎智也さんが言ってましたけども、これまでの2年間で大谷が受けた死球はたった1個。でも、今年はいよいよマークされてインコース攻めが増えるはず。もし、ひとつでも死球が右ヒジに当たったら彼のプランは全てが狂ってしまう。

松島 確かに。左打ちだから、右腕が前に出ています。

松本 もし当てたらそれこそ日本中の野球ファンを敵に回すことになるから、なかなか当たらないとは思うんです。でも、真剣勝負だからこそ滑ったり抜けたりということはありえるわけで。実に捕手出身者らしい視線ですよね。でも、やっぱり大谷は今の球界の中でも1、2を争う魅力があるのは間違いない。

初田 間違いないですねぇ。去年のオールスターはもう忘れられません。鳥谷に投げた162キロ。あれ以降、みんなの感覚が麻痺しましたよね。157キロとかでちょっとイマイチ。153とかだったら、あれ? という感じで。今年は何キロ出ますかね。163? 164? 165? 競りじゃないですけどね(笑)。

松島 あとは15勝15本塁打とか? どうせなら20(勝)・20(本)も期待したいです。

松本 彼の場合、奪三振率もすごいんですよ。

ライター情報

オグマナオト

福島県出身。『週刊野球太郎』『web R25』を中心にスポーツネタ、野球コラムを寄稿。構成した本に『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』『福島のおきて』など。

URL:Twitter:@oguman1977

注目の商品