今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

オードリー春日、敗者復活ふたたび。フィンスイミング日本代表選手で「フィン!フィンフィンフィン!」

2015年5月7日 15時00分 ライター情報:井上マサキ
「わたし敗者復活得意なんでね。敗者復活で出てきたんで。」

お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰(36)が、6月6日にイタリア・ラヴェンナで行われる「フィンスイミング ワールドカップマスターズ大会」へ日本代表選手として出場する。

都内にて行われた報告会見。「JAPAN」のユニフォームに身を包み、フィンを肩に背負って、春日はゆっくりと会見場に現れた。満面の笑みでトゥース!をかまし、大きなフィンをあちこちにぶつけながら着席する。
このたび日の丸を背負うことになりました、オードリー春日でございます。トゥース!

フィンスイミングは、フィンと呼ばれる足ひれを装着して泳ぐ水泳競技。TBS『炎の体育会TV』の企画で昨年10月から本格的に取り組み、半年に及ぶ特訓を積んだ。

「番組で、日本代表の藤巻紗月選手と対決をしまして。初めてやったんですけども、意外にできるなと。そこから本格的にやろうじゃないかと。ま、一言で言ったら、才能があったんでしょうね(笑)」

今年3月に、W杯の代表選考も兼ねて開催された「第4回 フィンスイミング ジャパンオープンマスターズ大会」では2種目にエントリー。
息継ぎなしで泳ぐ「50m アプニア」では、日本代表の合格ラインである2位をマーク。喜びを爆発させたものの、結果は「フォルススタートで失格」。まさかのフライングだった。
気を取り直し、シュノーケルを装着して泳ぐ「50m サーフィス」に挑むも、慎重になったのか出遅れる。3位に食い込んだものの、代表入りには届かなかった。

しかし、状況は一転する。
4月末、「50m サーフィス」で日本代表に決定していた上位の選手に欠員が生じ、3位入賞の春日が繰上げに。めでたく「敗者復活」となったのだ。
春日には、4月30日の『炎の体育会TV』の収録時に発表されたという。前回のVTRを振り返りつつ、実は……! という、ドッキリの形だった。

「その場で通知をもらいましてね。そこに『日本代表になる意思があれば返信ください』ってあってね。期日が収録の日。撮ってる場合じゃねぇだろ(笑)連絡したのかって話ですよ」

3月の試合で代表に落ちたと思ったので、それ以降練習は全くしていなかったという。そもそもアプニア1本で練習していた。

「サーフィスの方はは全くといいほど練習していないんですよ。アプニアに絞って半年やっていたんでね。そのへんでは伸びしろがあるというか、6月までどれだけ練習できるかということだと思いますね」

現在、春日の50mサーフィスのベストタイムは、前回W杯の5位レベル。

ライター情報

井上マサキ

1975年石巻出身のフリーライター。元SEで2児の父。スマホアプリ・パパ育児・お笑いを中心に活動中。路線図鑑賞家。ケータイ大喜利第14号レジェンド。

URL:Twitter:@inomsk

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品