今注目のアプリ、書籍をレビュー

新「テラスハウス」7話。体育会系イケメンの「メッキが剥がれてきたね」

2015年10月21日 09時50分

ライター情報:米光一成

このエントリーをはてなブックマークに追加
まこっちゃんが、むきだしになりはじめてビビったよ。
ウッチーとの対決シーンで、完全に悪役の顔つき。
悪役メイクしてるだろうって顔にカメラがゆっくりと近づいて、第1話第2話で見せた「野球やってるまこっちゃん、いいやつ! ちょっとバカだけど」というイメージが、視聴者を驚かせるための伏線だったとしか思えないほどの豹変ぶり。
Netflix配信中の『テラスハウス』新シーズン第7話。最大の問題作である。
フジテレビ地上波放映もスタートしたタイミングで、完全に盛り上げにきただろ、黒澤明か深作欣二が演出してるだろってぐらいのダークヒーロー登場である。
「テラスハウス TERRACE HOUSE BOYS&GIRLS IN THE CITY」(NTEFLIX)新シーズンの登場人物は長谷川慎、中田みのり、安達雄基、信太美月、内原達也、早田悠里子。
写真は「テラスハウス」劇場版DVD。

問題は、まこっちゃんだ。

・長谷川慎(はせがわまこと):明治学院大学4年生21歳。大学野球のピッチャーで体格良し。

最初は、女子会で、3人の女子全員が「まこっちゃん好き」と言っていた大人気キャラである。
ぐーぐー寝てるシーンをたくさん映しだされ、よく寝る純朴な野球少年で、バカだけどいい奴だという印象が強かった。
ところが、前回第6話で、悪行三昧
ウッチーが、男子の腹割ってるトークで「悠里子ちゃんとのデートはちょっと気を使ったな」と語る。
それをまこっちゃんが、悠里子ちゃんにチクったうえに、LINEで「君が悲しんでるところは見たくない、いつでも相談にのるよ」的なメッセージを送るのである。
悠里子ちゃん、混乱、ショックで泣いちゃう。

・早田悠里子(はやたゆりこ):かわいいお嬢様タイプで、医者を目指してるわ、男子大喜びトークも自然にできるモテ女子(第4回のペパリーゼ攻撃!)。あまりにもスゲーので、山ちゃんに「すげーメギツネのニオイするんだよね」と言わしめるほどである。

そして今回第7話。
ウッチーが服を作ってるところに、まこっちゃんが帰宅。
「あれはないよ」とたしなめるウッチーに、まこっちゃんいわく。
「別に悠里子のせいにするわけでもないけど」
するわけでもないけど! けど! 逆説ですから、つまり悠里子のせいにしたいという「けど」であり、そして、外道の顔つき。
第7話はじまって8分のところ。
こんだけ悪者の顔って、ふつうの人するんだって感じ。
いや、ほんと演出入ってないとしたら、人ってすごい顔つきが変わるし、顔に出るんだなって衝撃。ヤバイ。
まこっちゃんの本性が悪人かどうかは、ぼくには判らないけど、この顔したら悪人ですってことになっちゃうよねってジャストミートな表情なんであるからにして。

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

注目の商品