今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「ジャニーズは懲りてません!アイドルですよ?」NEWS増田が武井壮らとサバイバルに挑戦

2015年12月14日 06時00分 ライター情報:柚月裕実
極寒のアイスランド、危険動物の大群がいるサバンナ、迷宮洞窟、荒れ狂う大海原……極限地帯で100時間を生き抜くドキュメンタリーバラエティ『全世界極限サバイバル2016』の第3弾の放送が決定した。
(TBS系列/1月2日(土)よる6時〜)
サバイバーたちの頼もしいガッツポーズ

極限地帯に降り立ち、水分確保から食料調達、危険回避、シェルターの建設まで、サバイバル技術を駆使して100時間生き抜くサバイバルだ。

今回の挑戦者は佐野岳、武井壮、西川貴教、NEWSの増田貴久の4人。放送に先駆け、記者会見に登壇したサバイバーたちは、興奮冷めやらぬ様子で語った。


「アイドルですよ?」NEWS・増田貴久が飲んだのはゾウの……


「アフリカのサバンナ、タンザニアの方に行かせてもらいました。NEWSの増田貴久です。」
ボルドー系のツイードジャケットに白シャツとネクタイ、足元はブーツというオシャレな衣装でにこやかに挨拶をした増田。

これまでV6の三宅健が灼熱地獄エチオピアのダナキル砂漠へ、KAT-TUNの上田竜也はカナダのポンドインレットというマイナス50度の極寒の地を経験している。この番組はアイドルにも容赦ない。

「ジャニーズは懲りてません!増田さんオファーが来ましたね!アイドルですよ?」司会のTBS・高野アナも興奮気味だ。

増田「僕、この番組が大好きで見させてもらっていて、本当にこの番組はすごいなと。ひどいなと(笑)」

以前、別の番組でおもちゃの虫を差し出され、イスから転げ落ちてしまったほど虫が苦手な増田。虫どころじゃないサバンナだが、反応は意外だった。

増田「このお話しをいただいた時のはじめてのリアクションが『やった!』僕でいいんだって嬉しくって。その初めての印象というか感覚を信じて、これを機に自分も変わりたいなと。」

高野「(収録が)終えたあとはいかがでしたか?」
増田「やっぱり見てのとおり男らしくなってシャープな感じに!」
武井「サバンナの感じが出てる(笑)」
増田「自分の小ささ、自然の恐怖というのを肌で感じたので、日常で一日一日誰かに会う時とか物に対しての感謝の気持ちを感じるようになりましたね。一人の人間として生きることに対して意識が変わりました。」

「ヤバイヤバイ、ヤバイよ……。」
大きな木の上には獲物を狙うヒョウ、続いてヌーの大群が大移動。同じ大群でも東京ドームにファンが集まるのとはわけが違う。
凶暴な危険動物がひしめくサバンナで、動物との遭遇率は番組史上最も多い。

ライター情報

柚月裕実

Web編集/ライター。ジャニヲタ。アイドルがサングラスを外しただけでも泣く涙腺ゆるめな30代。主にKAT-TUNとNEWSですが、もはや事務所担。

URL:Twitter:@hiromin2013

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品