今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

深夜アニメランキング1位「新ルパン三世」伏線を一気に回収

2015年12月24日 10時00分 ライター情報:大山くまお
今期深夜アニメランキング1位(gooランキング調べ)をゲットし、ますます絶好調の新シリーズ『ルパン三世』。第12話「イタリアの夢 後編」は、いよいよ第1クール最終回ってなもんで、これまで張り巡らされてきた伏線がどのように回収されるか、さっそくお手並み拝見。
「Yuji Ohno & Lupintic BEST」バップ

第1話でルパンと結婚式を挙げたじゃじゃ馬富豪令嬢・レベッカには本当に愛した男がいた。しかし、その男――天才脳科学者・浦賀航は、「イタリアの夢」という言葉と解読不明の奇書を残して謎の死を遂げていた。

“愛するワイフ”レベッカのために奇書の謎を解き明かそうとするルパン。複雑怪奇な暗号を解いて「ようこそイタリアの夢へ」という言葉に出会った瞬間、ルパンは奇妙な夢の世界に入り込んでしまう。謎の巨大生物が跋扈する夢の世界でルパンを待っていたのは、浦賀航と若き日のレベッカだった。

レベッカに「リベルタスに生きろ」と語りかける浦賀。リベルタスとはラテン語で“自由”を意味する。

「作られた世界の中に自由はない。
自分の手で世界を作る自由、それがリベルタスだ」

レベッカが去った夢の中で、ルパンは直接浦賀と言葉を交わし、奇書の謎を聞かされる。奇書には浦賀の脳や人格を構成するデータがくまなく記されており、暗号を解読した人間には一時的に記憶を植え付けることができるのだという。さらにこの研究を利用すれば、他人の記憶や考えを自由に操ることも可能になる。イギリスの諜報組織、MI:6が「イタリアの夢」を狙っていたのもこのためだ。

浦賀は自殺したことにされていたが、実際はMI:6による謀殺だった。MI:6はイタリア国内で「イタリアの夢」を真似た人体実験も繰り返していた。夢の中で浦賀はルパンにレベッカのことを託し、再び殺される。

夢から戻ったルパンは、レベッカに浦賀と会ってきたことを告げ、隠されていた浦賀の研究室を燃やしてしまう。

イタリアは愛の国なんだろ?
愛する人が去っても夢の中で会える。浦賀ってヤツは本当にロマンチストだよなぁ」

しかし、そこにルパンをつけ狙うMI:6の最強エージェント、ニクスがやってきた。レベッカを逃がし、ニクスと対決するルパン。追い詰められたルパンだったが、高周波発生装置を使って形勢逆転! 超感覚を持つニクスは、ネズミと同じように高周波が苦手だったのだ。ところが2人まとめてMI:6に狙撃され、捕獲されてしまう。

MI:6のもとにルパンの身柄を引取りにやってきたのは銭形警部だった。

ライター情報

大山くまお

ライター。著書に『野原ひろしの名言』『野原ひろしの超名言』(双葉社)、『名言力』(ソフトバンク新書)、『中日ドラゴンズあるある』(TOブックス)など。

URL:Fire Stone and Water

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品