今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

あさと新次郎ドキドキの歴史「あさが来た」84話

2016年1月11日 09時50分 ライター情報:木俣冬
朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)1月9日(土)放送。第14週「新春、恋心のゆくえ」第84話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:新田真三
イラスト/小西りえこ

84話はこんな話


亀助(三宅弘城)とふゆ(清原果耶)が祝言をあげる。ふたりの幸せを喜びながら、あさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)は自分たちが出会った頃を思い出し、
お互い、初めてのドキドキの相手であると認識を新たにする。

あさと新次郎のドキドキの歴史を振り返る


のろけかよ!

6回に渡って描かれてきた、ふゆと亀助の健気な恋の物語が、結果的には、あさと新次郎のラブラブの歴史の振り返りだったとは、やられた。

あさと新次郎は、
祝言の日、新次郎が紅葉狩りに行ったこと(12話)

祝言の夜、あさが新次郎を投げ飛ばしたこと(13話)

これらをなつかしく思い出し、

お姫様抱っこ(17話)

やっぱり妾はもらわないでと懇願(35話)。

などの名シーンは飛ばして、
最初のドキドキーー新次郎があさにパチパチはんをくれたこと(5話)

を振り返って互いに感慨にふけった。

あさ「はじめての思い人は、旦那さまやったんやな」
新次郎「わてもだす。なんべんあさに惚れ直していることか」
あさ「うちもだす」
あさ、新次郎の肩にもたれる。
新次郎、そっとあさの肩を抱く。

翌朝、九州に行くことにした亀助とふゆが旅支度中、手が触れて、ドキ。
ふゆがぎゅっと亀助の手を握り、見つめ合うふたり。

すべてがまるく収まったところで、気づいたことがある。

あさは、意識してるのかしてないのかわからないが、新次郎の浮気の芽をさりげなく刈り取っているではないか。
まず、あさは亀助の恋を応援していた。亀助が頑張れば、ふゆが新次郎の妾になる危険性が回避される。実際、そうなった。
さらにあさは、時々、元三味線の師匠・美和(野々すみ花)の店をチェックし、結果的に彼女とお友達になってしまった。これで、新次郎の行き先がわからない不安がいくらか解消される。
すごいぞ、あさ。
そして、じつは新次郎も同じで、あさの興味のあるビジネスの世界にも顔を出すようになり、五代(ディーン・フジオカ)とたまに飲む仲にもなっている。

あさと新次郎の間には、さほどドロドロした嫉妬のような感情は渦巻いていないようだが、感情がドロッと濃くなってしまう前に、夫婦仲の浄化を行っている。その手つきがさりげなさ過ぎて逆にこわい感じもするが、一度、結ばれた以上、これくらい気を使って、関係性を保っていくことが大事なのかもしれない。

ライター情報

木俣冬

著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』、ノベライズ『リッチマン、プアウーマン』『デート~恋とはどんなものかしら~』

URL:Twitter:@kamitonami

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品