今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

今日で80年。改めて振り返る二・二六事件とは何だったのか

2016年2月26日 10時30分 ライター情報:近藤正高
このエントリーをはてなブックマークに追加
1936(昭和11)年2月26日に陸軍の青年将校らが決起して下士官・兵を率い、首相官邸や警視庁をはじめ政府首脳や重臣の官・私邸を襲撃した二・二六事件の勃発からきょうでちょうど80年が経った。
筒井清忠『二・二六事件と青年将校』。青年将校らの思想の相違を分類した『二・二六事件とその時代――昭和期日本の構造』の内容を発展させたもの。事件に関する研究書を総ざらえした巻末の「二・二六事件の研究史」も参考になる

この事件では、首相官邸で岡田啓介首相と誤認された義弟の松尾伝蔵(首相秘書・海軍大佐)が射殺されたほか、大蔵大臣の高橋是清、内大臣の斎藤実(いずれも首相経験者)、陸軍の教育総監・渡辺錠太郎が殺害され、宮内省の侍従長・鈴木貫太郎(太平洋戦争末期の首相)が重傷を負った。また別働隊により神奈川県湯河原に滞在中だった前内大臣の牧野伸顕も襲われたが、難を逃れる。襲撃後、決起部隊は日本の政治・軍事の中枢である永田町および三宅坂一帯を占拠、この異常事態を受け、翌27日には東京市に戒厳令が公布される。

昭和天皇は事件勃発を知らされたときより、信頼していた重臣らが殺されたことに激怒し、決起部隊の鎮圧を求めている。しかし陸軍は、軍内部で決起集団に同情的な空気が強かったこともあり、なかなか鎮圧に動こうとしなかった。勅命(天皇の命令)を受けて戒厳司令官より反乱鎮定の命令が発せられたのは、事件3日目の28日である。翌日には決起部隊が包囲され、同時にラジオ放送やアドバルーンなどを通じて下士官・兵に帰順が呼びかけられた。これにより事件はようやく収束を見る。青年将校の大半はその後、事件に連座した西田税(みつぎ)、黒幕と見なされた北一輝といった国家主義者らとともに処刑された。

キャンセルできなかった700個の大福餅


二・二六事件で青年将校の標的となったなかには、元首相の西園寺公望もいた。このとき満86歳の西園寺は、国の重要政策の決定や首相選定にあたる元老の立場にあった。

決起の中心メンバーらは、静岡県興津にあった西園寺邸の襲撃を2月18日に決定、愛知県の豊橋陸軍教導学校の将校に実行を依頼する。しかし豊橋の将校らが計画を詰めるなかで、兵力の使用に強く反対する者があり、けっきょく事件前日の25日、襲撃の中止が決まった。このときすでに手配していたガソリンを返却、違約金をとられた。しかし、同じく注文していた5個1組・計140包の大福餅はキャンセルしようとしたものの、断られてしまう(北博昭『二・二六事件 全検証』朝日選書)。

菓子屋からすれば、700個もの大福をつくるためおそらく大量の材料も人手もすでに手配しており、それをいきなりキャンセルされてはかなわないということだったのだろう。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品