今注目のアプリ、書籍をレビュー

「神アイドル」川栄李奈とi☆Risが「かしこまっ!」映画「プリパラ」初日舞台挨拶レポ

2016年3月13日 09時50分

ライター情報:青柳美帆子

このエントリーをはてなブックマークに追加
「かしこまっ!」「ホップステップげっちゅー!」「良い子にしてたかしら?私の籠の小鳥ちゃんたち?」「イゴ、よろしく!」「テンションマックス!」「テンションリラックス〜!」
お決まりのフレーズとともに挨拶していく、茜屋日海夏(真中らぁら役)、芹澤優(南みれぃ役)、久保田未夢(北条そふぃ役)、山北早紀(東堂シオン役)、澁谷梓希(ドロシー・ウェスト役)、若井友希(レオナ・ウェスト役)。アイドルユニットi☆Risとしても活躍している6人だ。
映画「プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」の初日舞台挨拶が、3月12日新宿バルト9で行われた。
み〜んなで「かしこまっ!」ポーズ。映画「プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」3月12日(土)より全国ロードショー 【配給】エーベックス・ピクチャーズ (C)T-ARTS/syn Sophia/映画プリパラ製作委員会 【Twiter】@pripara_PR

本作は、「プリパラ」シリーズ初の劇場オリジナルストーリー。見どころやお気に入りのシーンはどこだろう?
茜屋「ゲスト声優は川栄李奈さんデヴィ夫人。完成版を見て、デヴィ夫人演じるグロリアさんの存在感がすごくて感動しました!」
若井「いろんなかわいいコーデや方言が出てきて……。めが姉ぇとめが兄ぃが面白かったですね!」
澁谷「初めてめが兄ぃのあんなナイスバディ見た気がする」
芹澤「お気に入りのシーンは、みんなでファルルちゃんを助けるシーン。そこでのらぁらの表情がとても切ない」
映画「プリパラ」はジェットコースターのようなアニメ。上半身を出し惜しみしないめが兄ぃや自由すぎるあじみの行動で笑わせてもらったと思えば、ファルルのピンチにドキドキさせられる。
出身地のトリビアを披露する茜屋「秋田では『可愛い』を『めんこい』って言うんですよ!……この会場にいるみ〜んな、めんけぇな〜!(らぁらボイスで)」

映画「プリパラ」のもうひとつのポイントは、作中の楽曲やダンスシーン。今回はプリパラアイドルたちが世界各国でライブをして「いいね!」を集める……というストーリーになっている。
茜屋「お気に入りはオープニングです! 最近プリパラのミュージカルもやらせてもらったので、ミュージカルっぽい曲が増えてきて。すごく楽しかったですね」
久保田「ソラミスマイル(作中ユニット)の新曲が増えました〜! アニメで登場した曲の歌詞が違うバージョン。同じ曲だけど、歌詞が違って歌う人が違えばこんなにも変わるんだなと。大好きなシーンです! 水着……いいですよね……
しかもそふぃとみれぃは「メイキングドラマ」中にへそが見える! 「へそ!!!」と興奮しあう久保田と芹澤。
北海道のトリビアを披露する山北「北海道は交換を『ばくりっこ』と言う。だからトモチケ交換は……私とトモチケ、ばくりっこしよう!(シオンボイスで)」

山北「ソラミスマイルは新曲がありましたが、ドレッシングパフェ(作中ユニット)は『ドリームパレード』! アニメではなかったのでしょぼーんとしてたら、今回映画で久しぶりに3人で歌えました。ドレシは実力派な感じがしましたよね〜?(会場から拍手)」
澁谷「どの辺が実力派っていうと……今回『ドリームパレード』でドロシーはハモってる(下のパートを歌っている)んですよ〜! 褒めてー!!」
ドロシー直々のアピールに歓声で応える観客。
関連キーワード

ライター情報

青柳美帆子

フリーライター。1990年(平成2年)生まれ。オタクカルチャー・イベントレポ・明るいエロス・少女革命ウテナなどを中心に執筆しています。

URL:青柳美帆子のまとめ

注目の商品