今注目のアプリ、書籍をレビュー

4

「ひよっこ」66話。働く視聴者にも響く週末回「今日一日がんばったら、明日はなんとお休みです」

2017年6月19日 08時30分 ライター情報:木俣冬
連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第11週「あかね荘へようこそ!」第66回 6月17日(土)放送より。 
脚本:岡田惠和 演出:福岡利武
イラスト/小西りえこ

66話はこんな話


朝に弱いみね子(有村架純)。うっかり目覚まし時計をセットし忘れて、寝過ごしてしまう。
毎朝けたたましく鳴る音がしないので、早苗(シシド・カフカ)は気になって・・・。

「今日も1日よく働きました。寝るのが一番幸せな時間です」


土曜の朝放送の66話は、仕事終わりのスケッチからはじまる。
男たちは飲みに行き、女たちは銭湯へ。鈴子(宮本信子)の家には内風呂があるが、あえてみんなと銭湯に行くことを説明。
和菓子屋の息子柏木ヤスハル(古舘佑太郎)は、ひとり、中庭でギターを奏でるも、早苗に「うるさい、下手くそ」と一蹴されてしまった。

「今日も1日よく働きました。寝るのが一番幸せな時間です」
こう言って、布団に入るみね子。
奥茨城村、乙女寮・・・と親しいみんなの夢を見るが、外のネオンのせいで紫色の夢になってしまうのだとか。
この時代、壁も薄けりゃ、カーテンも薄い。

目覚ましをセットし忘れ、朝、目を覚まさない。
階下の早苗は、目覚ましが鳴らないことが気になって、起こしに来る(このときかかる劇伴が、緊迫感のある音楽〈豊子が立てこもったときと同じ〉であることが可笑しい)。
神経質な面もあるのと同時に、優しいところもあるようだ。

早苗がドアを大きい音で叩いたおかげでみね子は、遅刻を免れる。

「今日一日がんばったら、明日はなんとお休みです」


こうして、がんばったみね子は、日曜を迎える。だが、間違えて、目覚ましをセットし、うるさく鳴らしてしまう。
またも苛立って早苗がやって来たことに気づかず、みね子は自主的に時計を止めた。
共同の炊事場(現代のシェアハウスですな)へみね子が行くと、早苗が素知らぬ顔をしてお茶の用意をしていた。
そこへ、慶大生・島谷(竹内涼真)が入って来くる。早苗に「ずいぶん優しい人なんだ」(黙って、みね子を起こしてあげた)と言うと、早苗は「なんだか上から下々の庶民を見下ろしている感じが」と島谷批判をはじめる。
これは、自分の親切(?)を語られたくない照れなのかなんなのかわからないが、そこから、島谷の御曹司っぷりが暴露される。妙にケンカごしな早苗に、むっとする島谷。なんだか険悪なムードになったところを、やって来た漫画家・新田(岡野天音)が止めようとすると、今度は、矛先が新田に向い、早苗は彼を「貧乏神」呼ばわり。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

コメント 4

  • jun 通報

    見習いのヒデくんは、先輩の誘いは断るのに、省吾さんの誘いは即OK!以前みね子に話してたけど、よっぽど酒癖悪いんだね。懲りずに誘う先輩も笑えるけど、毎回断るヒデくんは、ハッキリした性格で清々しい。

    8
  • 妖怪 通報

    いい人だね早苗さん。それにしても何という大家だろう。敵に回したら一番たちが悪いタイプだ。まさか住人の実家に電話で近況報告して、そのお礼(?)としていろいろ送ってもらっていたとは、計算高い婆さんだ!

    8
  • kei 通報

    みね子が寝る前に思い浮かべていた懐しい人達の顔…いい笑顔してる。乙女寮のみんなの顔見たら胸がジーンとしてきた。あの頃が1番楽しかったね。また会いたい。

    7
  • 匿名さん 通報

    演出うまいね。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品