今注目のアプリ、書籍をレビュー

5

「ごめん、愛してる」1話。ダイナミック夏の大三角形ドラマにツッコませていただく

2017年7月16日 13時00分 ライター情報:大山くまお
TBS日曜劇場『ごめん、愛してる』が始まった。社会現象になるほどの大ヒットとなった韓流ドラマのリメイク。主演は長瀬智也、ヒロインに吉岡里帆が抜擢されている。大竹しのぶ、坂口健太郎、池脇千鶴と濃い目のキャストが日曜劇場らしい。視聴率は9.8%とやや低調なスタート。
原作ノベライズ
イ ギョンヒ(脚本)佐藤 操(竹書房)

ドラマチックな登場人物たちのドラマチックな出会い


『ごめん、愛してる』は大変ドラマチック(劇的)だ。登場人物たちの設定、関係もドラマチック。簡単に列記していこう。

主人公の律(長瀬智也)は幼い頃に母親に捨てられ、児童養護施設を経て今は韓国でアウトローとして暮らしている。自分を慕ってくれる黒社会の大物のジュニア・ペクラン(イ・スヒョク)を守るために頭部に銃弾を浴びて余命わずかと宣告される。せめて最後に親孝行がしたいと思い、母親を探しに日本にやってきた。

ヒロインの凜華(吉岡里帆)は天才ピアニスト・日向サトル(坂口健太郎)の幼なじみで、スタイリストとして彼の活動を支えながら想いを寄せている。仕事で韓国を訪れたとき、裏社会の男たちにターゲットにされて売り飛ばされそうになるが、間一髪のところで律に助けられる(律も仲間だったのだが裏切った)。帰国後、サトルの家で訪れてきた律と鉢合わせになる。

麗子(大竹しのぶ)は息子のサトルを溺愛する母親。自分も元ピアニストだったが、何らかの事情で弾けなくなったらしい。とにかくサトルが第一でめちゃめちゃ甘やかしている一方、自分を訪ねてきてぼろぼろと涙を流す律を容赦なく追い払う。

サトルは絶大な人気を誇る天才ピアニスト。よく言えば天真爛漫、悪く言えば子ども。わがままだが、悪意がない。奔放な天才サックスプレーヤーの塔子(大西礼芳)に夢中で、いつもそばにいる凜華のことはまったく女だと思っていない。

若菜(池脇千鶴)は律と同じ養護施設で育った女性。シングルマザーで一人息子の魚(大智)と暮らしている。子どもの頃、施設を出ていった律を追いかけて交通事故に遭い、高次脳機能障害となって7歳程度の知能で止まってしまっている。今でも律のことが大好き。

それぞれ劇的な背景を持つ登場人物たちが、劇的な出会いをしたのが第1話だ。今後、物語はほぼこの5人で進行する(いや、若菜を除いた4人かも)。律と凜華とサトルが男女の三角関係、律と麗子とサトルが親子の三角関係を暑苦しいまでにじっとりと見せてくれるだろう。まさに夏の大三角形ドラマだ。

ライター情報

大山くまお

ライター。著書に『野原ひろしの名言』『野原ひろしの超名言』(双葉社)、『名言力』(ソフトバンク新書)、『中日ドラゴンズあるある』(TOブックス)など。

URL:Fire Stone and Water

コメント 5

  • ノラ犬さん? 通報

    南朝鮮ドラマのリメイクなんぞ観るかボケが(怒)‼

    15
  • 匿名さん 通報

    何でわざわざ南朝鮮のドラマなんぞを 「日本はドラマや映画では敵わないと悟ったのだ」とか増徴させるぞ

    12
  • 匿名さん 通報

    なた韓国かよ! 一体いつまで寒流寒流やってんだよ! しつこいんだよ! 視聴率低いんだろ? 興味ある日本人少ないのが明らかじゃねえか(笑)。 いい加減ゴリ押しやめろ!

    11
  • 匿名さん 通報

    日曜のこの時間帯のドラマでは視聴率ワースト2って見たけど、やや低調って評価は嫌味?だけど、世界遺産登録で反対、慰安婦像乱立と日本人を逆なでしまくってる時期に、韓国ドラマリメイクとはご愁傷様。

    10
  • 匿名さん 通報

    私は見ないけど、韓流大好きおばさんが見てくれるといいね。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品