6

「やすらぎの郷」第20週。松岡茉優の悲劇の顛末は本当に必要だったのか

2017年8月21日 10時00分

ライター情報:北村ヂン

シニア層の間では、もうすっかり定着しているであろうお昼のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日・月〜金曜12:30〜)。
ここに来て、こんなとんでもないエピソードをぶっ込んでくるとは……。まさかのセックス&バイオレンスな第20週。
結局、倉本聰に踊らされているのだ
今回のエピソードは、「やすらぎの郷」での仕事帰りに、ハッピーちゃん(松岡茉優)が地元の暴走族たちにレイプされてしまったというのが発端なのだが、こ...

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    本当に意味がわからなかったの? 戦争どうこうのシーン。でもそうか、戦争について考えない人の心には届かないのか……

    6
  • 花筏 通報

    この週の放送はホントに面白かった。 ネット上で繰り返し見てしまうほど、秀さんたちの立ち回りに胸がスッキリ! 否定的な声もあるようですが、まぁドラマですからね。

    12
  • 匿名さん 通報

    おもしろかった。一人違和感があったぱっぴーの存在意義がようやくわかった。 必要だったと思うし、なんて批判する人がいるのか理解できない。

    9
  • 匿名さん 通報

    高齢者の踏切事故、集団女性暴行、高速道路逆走ここ1、2年かなり多く聴かれるようになった問題をドラマに取り入れていて見ごたえがあります。この回も痛快でした。 ネット民お花畑すぎるんじゃありませんか?

    5
  • 匿名さん 通報

    ※本作品はドキュメンタリーではありません

    7
  • 匿名さん 通報

    最初から頭おかしい世界観でやってきてたんならともかく(それでも批難出るだろう 割と現実っぽい路線でこの話が評判悪くて当然 レ○プ被害がすげぇ軽いのもね ひったくりされた、とかで良いじゃんせめて

    0
  • 1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!