今注目のアプリ、書籍をレビュー

5

最終回「過保護のカホコ」麦野は本当に必要だったのか!?

2017年9月15日 11時00分 ライター情報:北村ヂン
全方向に話が広がりまくってしまい、あと1話でどうまとめるんだ? まさか、いつものように色んな伏線放ったらかしエンディングじゃないだろうな、遊川サン! ……と思っていたら、予想外にキッチリとまとめてきた『過保護のカホコ』(日本テレビ・水曜22:00~)。
イラスト/北村ヂン

前回のレビューで「オラオラ、この問題どうまとめるんだよ!」と、いじわる心半分でボクが挙げていた、

・チェロを諦めてヤンキー化したイトちゃん(久保田紗友)問題
・環(中村ひろ子)夫婦の離婚問題
・カホコ(高畑充希)と麦野(竹内涼真)の結婚問題
・「小さな王国」って何だったの?
・あの変な動物たとえは何だったの?
・カホコの言ってた「みんなを幸せにする仕事」はどうなったの!?

も、「変な動物たとえ」意外はとりあえず解決してくれて、「アレは何だったんだよ!」というモヤモヤ感のない、スッキリとした最終回だった。

ピュアネス+金でみんなを説得!?


ラスト1話でこれだけの問題を処理しなければならないということで、覚醒したカホコが、ダイジェストかと思うくらいのスピード感でビシビシと問題を解決していったわけだが、その解決方法は、ほとんど「カホコがとにかく説教する」という、少々強引なもの。

過保護に育てられて世間ズレしていた子が他人の心を動かすには、結局ピュアネス全開で必死に訴えかけることしか出来ないということか。

チェロを売っちゃおうとしているイトちゃん、詐欺られた借金が残っている父方の実家問題に関しては、カホコの説教にプラスして、約300万円の貯金通帳(おそらく親や親戚からもらったお小遣いを貯めてきたものだろう)をちらつかせ、現金でバーンと頬をひっぱたくような形で説得していて、「ピュアネス+金かよ!?」と笑ったけど。

特に、借金の原因を作った叔母・教子(濱田マリ)は、借金を肩代わりしてもらってから露骨に態度が変わり、カホコと麦野の結婚へも大賛成というスタンスに転向。……リアルと言えばリアルだ。

それでも、「過保護」に育てられてきた象徴のような存在である貯金通帳を手放すことで、当初の目標だった「みんなを幸せにするような仕事」をやるための施設を作るという展開はキレイなまとめ方で、「おおっ、そうきたか!」と思わされた。

母子3代のドラマだったのだ


最大の問題であったカホコと麦野の結婚は、「ちゃんとママに認めてもらってから」という話だったはずなのに、なんとなーく周囲を味方に付けた上で、まったくママを説得できていない状態で結婚式を強行することに。

ライター情報

北村ヂン

群馬県出身。ライター&イラストレーター。珍奇でバカでサブカルチャーなものが主な取材対象。「デイリーポータルZ」や「日刊サイゾー」などで執筆中。

URL:Twitter:@punxjk

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    そうかな~~~? 麦野という存在が「過保護から保護する側へのシフトチェンジ」じゃないのかなぁ。ラストのお母さんそっくりの態度への変貌をつなぐブリッジ。

    13
  • 匿名さん 通報

    朝ドラは勘弁

    12
  • 匿名さん 通報

    初代も泉も結婚相手はそこそこ稼ぐ男(じいじは住居と多趣味ぶりから推定、カホコ父も出世はともかく一応大手勤務設定?)、麦野の様な相手は3代目にして初めてのパターン…最近の皇室の婚約話を連想するなあ…

    3
  • 匿名さん 通報

    「純と愛」は作品としては失敗だったかもしれないけど、武田鉄矢に新たな役者像を開眼させた点は素晴らしかったと思う。

    1
  • 匿名さん 通報

    並木家の男共は踏台。女王のための踏台。だから初は踏台で土台。肖像画家には向いてる。ネットで法廷画家がお似合いというコメントをみて画力と質感からすっばらしく納得。人を幸せにしそうな気がしないけど。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品