今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

「iOS11」の圧倒的な進化って何。アップデートしていいのかどうかiPhone7で超ていねいに検証

2017年9月21日 10時00分 ライター情報:杉村啓
「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」から、コントロールを追加したり削除したり順番を入れ替えたりできる。
コントロールセンターの内容はカスタマイズできる。ウォレットなどの機能に加え、新たに画面収録機能を追加できる

この中で個人的におすすめなのが「画面収録」だ。追加してボタンを押すと、3秒のカウントダウン後に、iPhoneで操作をしている画面をそのまま動画にできる。

試しに収録してみたのが、以下の動画だ。


コントロールを追加して、画面に表示されるアイコンが切り替わっているのがわかると思う。この動画は無音だが、ゲームなどを収録すれば音声もしっかり入る。

収録を止めるには、またコントロールセンターを呼び出して画面収録ボタンをオフにするか、画面上部をタップして「収録停止」すればいい。

収録した動画は「写真」に保存されるので、そのまま送ったり、YouTubeに公開したりすることができる。

ゲームのMVを収集してみたり、ガチャの爆死報告などの動画を手軽に撮ることができるので、今後はSNSにそういった動画が増えるのではないだろうか。

進化したスクリーンショットやメモ


画面収録ほどはしなくても、スクリーンショットを撮ることが多いという人はいるだろう。ホームボタンと電源ボタンで撮れるスクリーンショットは、そのまますぐに保存されるのではなく、いったん画面左下にサムネイルが表示されるようになった。

サムネイルをタップすると、すぐに編集モードに移り、画面の切り抜きや、ペンで註釈を入れることが可能だ。
スクリーンショットがその場で編集できるようになり、便利になった

編集後にスクリーンショットを削除するか、保存するかを選択できるので、気に入らない画像だったら保存しないことができる。ちなみに、サムネイルをタップしないでおけば、そのままの状態で保存される。

友人とLINEなどで会話をしていて、ゲームの話や操作の話をしているときに、スクリーンショットを撮って送る人も多いだろう。また、長文をメモに書いて、スクリーンショットを撮り、Twitterのような文字制限のあるところに貼る人も多いだろう。そこにさらに気軽に註釈を入れられるようになったことで、表現の幅は広がるはずだ。画面収録と合わせて、活用していきたい。

スクリーンショットでいうと、Safariに「PDF作成」機能が追加された。
現在見ているページをそのままPDFに変換して保存できる

長いページでも、現在表示しているページを丸ごとPDFにし、保存できる。保存場所はiCloud DriveやiPhone内のアプリを選択できる。註釈を入れることも可能だ。
保存はiCloud Drive内か、PDFを扱えるアプリの中から選べる

メモも、少しパワーアップしている。
関連キーワード

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

コメント 1

  • アイパッドエア 通報

    処理能力の問題。アイパッドエアだから

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品