今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

「iOS11」の圧倒的な進化って何。アップデートしていいのかどうかiPhone7で超ていねいに検証

2017年9月21日 10時00分 ライター情報:杉村啓
iCloudの容量を家族で共有できるようになった他、子供のアプリ購入でも、承認するだけでなく親の端末で直接購入できるようになるなど、利便性が向上しているとのこと。家族で使っている人は是非試してみて欲しい。

写真は、動画なども撮れるようになり、容量を圧迫するということで、新たにHEIF/HEVCという形式で保存されるようになった。この形式は対応できる機種やOSが現在では限られているため、そのままでは見られない可能性が出てくる。

ただ、「設定」の「写真」に「MACまたはPCに転送」という項目があり、そこで「自動」を選んでおけば、データ転送時に自動的にJPEGなど互換性のあるフォーマットに変換してくれるようだ。
今回はこの設定で、Macのイメージキャプチャでデータを取り込んだが、標準の形式で保存された

それでも不具合が出たりした場合は、「設定」→「カメラ」→「フォーマット」で「互換性優先」にするといいだろう。

写真周りでいうと、「設定」→「写真」→「モバイルデータ通信」では、iCloudなどに写真をアップするときにモバイルデータ通信を使うかの設定がある。ここがオンになっていて、さらに「アップデートの制限なし」になっていると、場合によってはあっと言う間にキャリアの通信分を消費してしまう可能性がある。まずは確認するようにしたい。
モバイルデータ通信を使って際限なく写真のアップロードをしてしまうと、あっという間にその月の通信量が尽きてしまうことになりかねない

iOS10のときから感じていたが、どんどん「何をやっているかの説明」を増やしている印象がある。説明を増やした分、1画面あたりの情報量が減ってしまっている。iOSからしかアクセスできず、iTunesのみでアクセスできるApp Storeも起動した最初の「Today」画面では1つの情報しか参照できないに等しかった。もちろん、わかりやすさという意味では正しいのだが、もっと一度にたくさんの情報を見たい派としてはすこし寂しさを感じてしまう。
App Storeはきれいだが、一画面の情報量が減ってしまった

情報を減らしたのは、ホームボタンをダブルクリックして表示される、アプリを切り替えたり終了する画面だろうか。今まではホーム画面が表示されていたのだが、iOS11からは表示されなくなった。
アプリの切り替えは、ホーム画面が表示されなくなった

その分というわけではないだろうが、画面の左端を3D Touchでプレスすることでアプリ切り替え画面を表示することができなくなっている。操作もシンプルにしたかったのかもしれない。

最後に、iOS11にした方がいいかどうか。基本的にはiOS10がパワーアップしたような感じなので、メインで使っているアプリが対応していたら、アップデートをした方がいいと思う。
関連キーワード

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

コメント 1

  • アイパッドエア 通報

    処理能力の問題。アイパッドエアだから

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品