今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「わにとかげぎす」無神経すぎて本田翼を泣かせる有田哲平、だが2人ともはまり役で今夜最終回

2017年9月27日 11時00分 ライター情報:寺西ジャジューカ
『わにとかげぎす』(TBS系)が、本日放送の第10話で最終回を迎えてしまう。はっきり言って、私は悲しい。
原作

まず、羽田梓を演じる本田翼が「こんな彼女だったらいいな」と思わせてくれる“本田翼像”に非常に近かった。ただ美人なだけの女優には、決して抱かない感慨である。そのルックスに反し、三枚目的な要素が強い彼女だからこそ向けられる期待感だ。
羽田は、絶妙に変人。そして、美的感覚も変。有田哲平扮する富岡ゆうじを見て「超絶カッコいい!」と悶絶する審美眼の持ち主である。こんな本田翼だったらいいな!

有田もいい。ドラマで主演を務めるのは今回が初めての彼だが、演技力は意外に悪くなく(相方の上田晋也と全然違う!)、何より「富岡ゆうじ」という役どころにハマってる。キャスティングの妙に唸らされたという感じだ。

何よりドラマに重要なのはクオリティだが、深夜ドラマという特性を活かし、原作の魅力をできる限りスポイルすることなく映像化できている。というか、原作とストーリーにそれほどの相違はない作りにもかかわらず、原作とは少し異なった新しい印象(“明るさ”とでも言おうか)を視聴者に提供していたように思う。
このドラマ、実は『逃げるは恥だが役に立つ』の泉正英監督や『カルテット』の坪井敏雄監督が演出として関わっている。ネット上のリアクションを見ると、原作ファンからも好評を博しているようで、皆が幸せになれたドラマ版だったのではないだろうか? さすが、“ドラマのTBS”!

いちいち羽田の逆鱗に触れる富岡


第8話で、めでたく童貞を喪失した富岡。しかし、今までの交際経験がゼロなだけに、羽田への態度があまりに無神経だ。誕生日に気持ちを綴った手紙を交換するよう羽田に提案された富岡は「羽田さんの誕生日っていつでしたっけ?」と口にし、「あさってです!」と羽田を怒らせてしまう。おいおい……。

そして迎えた羽田の誕生日、彼女から渡された手紙には「生理がまったく来ません」と書かれていた。この時の富岡の対応が最悪だ。
羽田 検査して、私がもし妊娠してたら……。
富岡 妊娠してたら……結婚しましょう。
羽田 ……そんな事できるんですか!? 結婚して、一緒に子どもを育てていける覚悟が富岡さんにはあるんですか!?
富岡 いや、あるも何も、そうなっちゃったらそうした方が……。
羽田 「そうなった以上はそうした方が」って……、ひどい事言うんですね。なんか、すごい悲しくなってきた。

ライター情報

寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行と篠田麻里子が好きです。ブライアン・ジョーンズと菅井きんと誕生日が一緒。

URL:Facebook

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品