今注目のアプリ、書籍をレビュー

6

老人たちドッタンバッタン大騒ぎ「やすらぎの郷」最終回。壮大なドッキリで心を折られた菊村のテレビ論炸裂

2017年9月30日 10時00分 ライター情報:北村ヂン
最終回直前回で、「やれそう」感をビンビンに放つ若い娘の前で泥酔し、愚痴る、踊る、ゲロを吐くと、散々な醜態をさらした菊村栄(石坂浩二)だったが、ハッと目を覚ました最終回、とんでもない事実が発覚する。

なんと昨晩、菊村はお漏らしをして、アザミ(清野菜名)に下の世話までしてもらったのだという。……おじいちゃん! やれるとかやれないとかじゃなくて、もはや介護だよ。

衝撃的過ぎるはじまり方をした『やすらぎの郷』(テレビ朝日・月〜金曜12:30〜)最終回。
イラスト/北村ヂン

心の折れた菊村、精一杯のテレビ論をぶつ


「夕べはすまなかった……醜態をさらした」

と、精一杯取り繕う菊村だったが、お漏らしまで見られたんじゃあ、男として、そして脚本家の先生としての尊厳をたもつのは不可能だ。

それでも、昨夜の惨状などなかったかのように、菊村が手直しした脚本を絶賛するアザミ。なんといういい娘なんだ! ……と思いきや、菊村の心をさらにぺっしゃんこにする告白が。

菊村が丁寧に読み込んでアドバイスをしてあげた上に、おそらく下心全開で手直しまでしてあげた脚本は、実はアザミが書いたものではなく、大学のシナリオを専攻している彼氏が書いたものなのだという。

ええーっ! 彼氏ッ!

尊敬する菊村に、何とか自分の脚本を読んで欲しかった彼氏(神木隆之介)にアザミが、菊村がかつて自分の祖母と知り合いだったということも知った上で、「いきなり行ったって話すのもムリだから、多少コネのある女の私が」と提案したらしい。

「女の私が」という、完全に「女」を意識した発言がエグイ。

これまで、唐突に抱きついてきたり、混浴風呂に一緒に入りましょう的な、いかにも「やれそう」なアプローチをしてきたのって、全部、脚本を読んでもらうためのウソだったの!?

「やれない」までも、ザ・理想の娘、ザ・理想の孫的な行動を繰り返すアザミに対してホッコリとした感情を抱いていた視聴者に、最後の最後で思いっきり水をぶっかけてきましたね。

「ボキッとどこかで音がした気がした。たぶん頸椎か脊椎か腰椎か、心の中で折れた音だと思う」

そうだろう、そうだろう。こんなことならウソでもいいから、最後まで騙して欲しかった!

アザミのことを完全にエロ目線で見ていた菊村がすっかり目を覚まし、スッと賢者モードに突入。若い脚本家志望のふたりに、テレビ論、脚本論を語り出した。

「あの樹が見事だからって根本から伐って自分の庭に移そうとする、でも樹は育たないさ、根がないからね」

「樹は根があってはじめて立つのさ、でも根は見えない。

ライター情報

北村ヂン

群馬県出身。ライター&イラストレーター。珍奇でバカでサブカルチャーなものが主な取材対象。「デイリーポータルZ」や「日刊サイゾー」などで執筆中。

URL:Twitter:@punxjk

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    北村ヂンさんのちょっと意地悪なイラストと愛のあるツッコミに満ちたこのレビューも毎週楽しみにしていました。 ドラマとこのレビューの終了が二重にさびしいです。 楽しいレビューありがとうございました。

    26
  • 匿名さん 通報

    夜やっているドラマは脚本と役者が下手過ぎて見るに値しなかったが「やすらぎの里」は別格。老いも若きも人間臭いドラマであった。是非続編を望む!

    17
  • 匿名さん 通報

    お昼の豪華キャスト共演ドラマ。多局の隙間をつく意欲作でありました。この余韻でどこまで視聴率を伸ばせるかがTV朝日の命運を握っている。このドラマを超える制作費と倉本聰以上の人材はいるかな?

    16
  • 匿名さん 通報

    倉本聰に失望。 大枠はもちろん、毎回あり得ない事や無理筋の話。 最後は自分の主張。

    6
  • としちゃん 通報

    倉本、石坂、すけべーじじい、若い女の子と 仲良くしたい、ハグなんかしたい?俺も同じだ、

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品