今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

紅白初出場、SKE48はAKB48の最大のライバルなのか

2012年12月28日 11時00分 ライター情報:近藤正高

『SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中』徳間書店
SKE48の4年間の軌跡をあますところなく伝えた1冊。写真撮影を担当するのは雑誌「Number」などで活躍するスポーツフォトグラファー・高須力。AKB48グループのなかでも随一の激しさといわれるSKE48をカメラに収めるのにまさに適任といえる。付録としてメンバー直筆のメッセージステッカーもついている

[拡大写真]

まもなく大晦日。NHKの「紅白歌合戦」を楽しみにしている人も多いだろう。今年の初出場組には、AKB48の姉妹グループで、名古屋・栄を拠点に活動するSKE48が選ばれた。

いま、何気なく「AKB48の姉妹グループで、名古屋・栄を拠点に~」などと長々と頭につけてしまったが、地元のファンとしては、そんな説明をしなくても「SKE48」と一言いうだけでだいたいの人に伝わるようになるのは一体いつになるのだろうか。いや、そろそろその願いも叶いつつあると信じたい。これまでの紅白では、SKE48のメンバーたちは、ほかの姉妹グループ(大阪のNMB48など)とともにAKB48のバックを務めてきたが、今回は晴れて単独出場を果たしたわけで(本当は1年遅い! と言いたいところだけれども)、これをきっかけにさらに世間的な知名度が上がるものと期待は高まる。

SKE48にとって今年はまさに飛躍の年だった。4月には、グループにとって一つの目標であった名古屋の日本ガイシホールでの単独コンサートを開催、2日間で約1万6000人を動員した。さらに6月のAKB48選抜総選挙では、メンバーたちがあいついでランクインした。とりわけ17位~32位で組まれる「アンダーガールズ」は、16人中8人をSKE48メンバーで占めるという大躍進だった。9月には1st.アルバム『この日のチャイムを忘れない』をリリース、その付属DVDでは、当時の全メンバー63人がおのおの思い入れのある曲のミュージックビデオに出演した。これによって、世界一たくさんのMVが収録されたアルバムとしてギネスにも認定されている。

そして12月9日、サンシャインサカエというビルにSKE48専用劇場が満を持してオープンした。それまで同じビルの「SUNSHAIN STUDIO」という劇場を間借りする形で公演を行なってきたSKE48だが、同劇場を改修することで、AKB48はじめ各地の姉妹グループ同様、真の意味での本拠地を持つことになったのだ。

そんな一年の締めくくりに、初めて紅白に単独出場をするということにはやはり大きな意味があるように思う。時期を同じくして、2008年にSKE48が誕生してから4年間の軌跡を写真と文章でたどった『SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中』が刊行された。本書を読むと、彼女たちはちゃんと段階を踏んでここまで来たのだということがよくわかる。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品