0

ソーラーフロンティア、コーナン商事の物流倉庫屋根にメガソーラー設置

2013年12月31日 08時00分 (2016年11月8日 08時11分 更新)
賃貸借契約を締結
ソーラーフロンティア株式会社は、コーナン商事株式会社の物流倉庫屋根にメガソーラーを設置するための賃貸借契約を締結した。

(画像はニュースリリースより)

発電開始時期は2014年8月頃
今回設置されるメガソーラーは、大阪府貝塚市二色北町にあるコーナン商事所有の「貝塚流通センター(第1倉庫)」と「貝塚流通センター(第2倉庫)」の屋根に設置され、ソーラーフロンティアと株式会社日本政策投資銀行の共同投資会社であるSFソーラーパワー株式会社を通じて借り受ける。

「貝塚流通センター(第1倉庫)」の設置面積は19360平方メートルで、モジュールの使用枚数は11440枚、総出力は約1.9MWとなっており、年間発電量は推定1991MWhとなっている。

「貝塚流通センター(第2倉庫)」の設置面積は10752平方メートルで、モジュールの使用枚数は5830枚、総出力は約0.9MWとなっており、年間発電量は推定1014MWhとなっている。

どちらの発電所も発電した電力は全て関西電力に売電予定とのことで、発電開始時期は2014年の8月頃を予定としている。

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品