0

米セブンイレブンのドローン、食品や薬品の77回配達を達成!

2017年1月4日 03時00分 (2017年1月8日 08時37分 更新)

 
昨年7月に、ドローン開発企業のFlirteyと協力してドローンによる初の商業配達に成功した米セブンイレブン。日本のセブンイレブンじゃありませんよ、アメリカのセブンイレブンです。その米セブンイレブンは昨年末までに、77回もの食品や薬品のドローン配達に成功していたことが発表されました。
 
ドローン配達といえばアマゾンがイギリスにてドローン配達サービス「Prime Air」を成功させていますが、米セブンイレブンの実績もなかなかのもの。さらに、パートナーとして選ばれたFlirteyはFAA(連邦航空局)の承認も受けており、自動運転でのドローン配達の可能性をこれまでも実証してきました。
 
米セブンイレブンのドローン配達はネヴァダ州のリーノーで行われ、12人の参加者によってテストされました。参加者はスマートフォンアプリから食品や薬品の注文を行い、それを受けたドローンが彼らの自宅まで飛行して商品を落下させる……というのが、テストのあらまし。食品には温かいものから冷たいものまで、さまざまな種類が含まれています。
 
さらに注目すべきことに、同社によるドローン配達は注文から平均で10分以内にて完了しています。これは従来の車などを使った日用品の配達に比べ、驚くべきスピードと言えるでしょう。またドローンは地面に着陸するのではなく、上の画像のように紐のようなもので商品を地面近くまで降下させて配送を行いました。
 
米セブンイレブンによるドローン配達のテストは、2017年も継続される予定です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品