0

エクソル、住宅・産業用までの太陽光発電所を対象とした保守点検サービス開始

2017年5月3日 08時00分 (2017年5月15日 07時12分 更新)
「改正FIT法おまかせプラン」
株式会社エクソルは、住宅用から産業用まで全ての太陽光発電所を対象としたQ&M(保守点検)サービス「改正FIT法おまかせプラン」の提供を開始することを2017年4月27日に発表した。

業界最低水準の低価格設定を実現
今回提供が開始される「改正FIT法おまかせプラン」は、2017年4月1日より改正施行された「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に対応するサービスで、住宅用から産業用まで全ての規模の太陽光発電所を対象としている。

特長としては、新設、稼働中に関わらず全ての太陽光発電所に対応可能で、価格設定は業界最低水準を実現しているので導入しやすく、豊富なオプションも用意されている。

また、エクソルは今回の法改正にて示された保守点検指針「保守点検ガイドライン」作りにも参画した経験があり、網羅すべき保守点検項目をしっかり押さえたQ&Mサービスを提供するとのことだ。

参考価格は、エクソルの手掛けた新設案件の場合で、戸建住宅・10kW未満の「住宅プラン」では年平均7,200円、野立て・10~50kW未満の「低圧プラン」では年平均26,500円で、詳しい価格はエクソルホームページより確認することができる。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品