0

パナソニック、家庭用自然冷媒ヒートポンプ給湯機「エコキュート」を新発売

2017年9月27日 21時00分 (2017年10月12日 07時55分 更新)
ヒートポンプ給湯機の新製品4シリーズ発売
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は9月26日、多様化する電気料金プランに対応するとともに、さらにリモコンが使い易くなった家庭用自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機の新製品4シリーズ合計33品番を、この11月26日から発売すると発表した。

同製品は、多様化する電気料金プランに応じて設定方法を選択し柔軟に対応できるようにしており、今後、新たなプランが設定されても、夜間時間帯の直接入力設定モードを搭載しているため、さまざまな電気料金プランに対応することができることとなる。

また、使う湯量を学習して効率的な運転を行うエコキュートに、さらに電気を賢く使う工夫ができる3つの新機能「ピークセーブ」「ダブルピークカット」「ピークシフト設定」を搭載した。

このため、各家庭のライフスタイルでの電力使用パターンに合わせて設定することで、使用電力のピークを低減し基本料金を抑える工夫が可能となる。

余剰電力の有効活用可能な「ソーラーチャージ機能」
さらに、2019年度から始まるFIT制度の期間終了を見据え、太陽光発電システムで発電した余剰電力の有効活用が可能となる「ソーラーチャージ機能」も搭載した。

このため、翌日の天気を確認し事前に設定することで、昼間の太陽光発電システムで発電した余剰電力を、エコキュートの沸き上げに利用することができるという。

このほか、リモコンの使い易さを向上させた「シンプル画面」機能を搭載、さらに2020年には新築戸建の過半数を目指しているZEHに対応し易く、機能を絞り込んだ年間給湯保温効率(JIS)3.6のNシリーズを発売し、ラインアップを拡充したとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品