0

富士経済、太陽光発電設置住宅・ZEH市場と注目住設機器の採用状況調査結果を発表

2017年9月29日 23時00分 (2017年10月14日 20時55分 更新)
太陽光発電設置住宅・ZEHなどの市場動向調査
株式会社富士経済は9月26日、報告書「2017年版 住宅エネルギー・サービス・関連機器エリア別普及予測調査」(A4判196頁)を発表した。

同報告書は、太陽光発電設置住宅およびZEH、オール電化住宅市場と、大手ハウスメーカー、中堅ビルダー/リフォーム事業者のZEHや先進エネルギー住設機器に関する採用状況についての調査結果をまとめたものとなる。

さらに報告書は、国内住宅市場でのエリア毎の熱源シェアと関連住設機器の普及状況や、電力・ガス小売全面自由化後のエネルギー業界の事業戦略や住宅リフォーム需要ポテンシャルなどについても調査分析を行い、住宅市場の実態と今後を展望している。

主な調査結果では、2016年度の太陽光発電設置住宅は20.8万戸となり、このうち9.3万戸(44.7%)が新築戸建住宅だったという。

ZEHは新築戸建太陽光発電設置住宅の3割に
FIT買取価格低下に連動して、太陽光発電設置住宅市場は2013年度をピークに減少が続いたが、今後はハウスメーカーなどによるZEHへの取り組み本格化が期待されるため、2025年度は23.8万戸(2016年度比14.4%増)になると予測、この半分以上となる13.4万戸は新築戸建住宅とみている。

またZEHは、2016年度に2.8万戸となり、新築戸建太陽光発電設置住宅の30.1%を占めた。政府がエネルギー基本計画に掲げるZEH普及に向けた補助事業でZEHビルダー制度を始めたこともあって、ZEHは増えつつあり、2025年度には7.1万戸になると予測する。

このほか、大手ハウスメーカーの住設機器採用状況では、太陽光発電システムが3~8割の採用率となっていて、今後はZEH販売戸数拡大とともに、太陽光発電設置率の向上を課題とする事業者が多いとしている。

(画像は富士経済HPより)

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品