「現代女性に愛される」スマートな男性になるための情報を発信

19

残業100時間未満では働き方は変わらない!~日本を覆う他人を信頼しない“病”~【勝部元気】

2017年3月16日 20時40分

ライター情報:勝部元気


なぜ、日本人は長時間労働をやめられないのか?


それにしてもなぜ、長時間労働が問題だとこれほど叫ばれているにもかかわらず、日本は長時間労働をやめることができないのでしょうか? 本当に様々な理由があげられると思いますが、その中で最も根本的な原因は、「トラスト・ラック(信頼の欠如)」ではないかと私は思っています(編注:トラスト・ラックは著者による造語)。たとえば、以下のようなケースはその典型例と言えるでしょう。

(1)上司が部下の能力・人間性・ポテンシャルを信頼していないから権限移譲が進まないし、進めようとしない。部下にホウレンソウ(報告・連絡・相談)」という負荷を課して、“監視”する。上司自身も監視に追われて本来の仕事に集中ができず、双方で長時間労働に繋がる。

(2)他の部署やプロの仕事を信頼していないから、何かにつけて首を突っ込もうとする。そのせいで、意思決定権者が増加して、事前に膨大な社内調整が必要になる。稟議はその代表例。その一方で、トラブルが起こった時は責任の所在が不明確で、解決までに多大な時間を有する。それどころか根本的な問題を解決できず終わることもしばしば。自分たちの責任を逃れるために、細かいところまで書類で残す必要性に迫られる。

(3)他人を信頼していないから積極的な自己開示をせず、本当に信頼に足る人物かどうかを見極めるために多大な時間がかかり、コミュニケーションの円滑化が遅々として進まない。アルコールを媒介にした「飲みニケーション」という別途時間を設ける必要になる。また、他人を信頼しないために作った建前コミュニケーションが別の人の不信を招くというスパイラルに陥っている。

このように長時間労働を招く日本の仕事スタイルと言われているものの多くは、その背景にトラスト・ラックがあるのではないかと思うのです。単に作業が膨大で仕事が終わらないという現場の人たちに十分なパイが行き届かないのも、意思決定を牛耳るホワイトカラー層がこのような状況に陥っているために十分な利益が生み出せないということの結果でしょう。


なぜ、上司は遅くまで残っている人を評価するのか?


また、「仕事で成果を出している早く帰る人よりも、遅くまで残っている人のほうが上司から評価される」ということが長時間労働の原因の一つと言われていますが、これも結局はトラスト・ラックの裏返しです。

他人を信頼しておらず、何を持って信頼に足る人物かどうかを判断する能力に乏しいために、彼らは時間という尺度で他人を計ってしまいます。つまり、上司等の評価者にとって、より多くの時間を用いて忠誠心を誓っている(ように見える)人ほど「安心感」が得られるために、成果を出す人よりも高い評価をするという事態に発展してしまうのです。

これは仕事に限らず、プライベートな人間関係に関しても言えます。子供につきっきり親(≒母)のほうが、保育園やベビーシッターに預ける親よりも愛情があると判断するのも、時間という尺度でしか人間関係の濃密さを測れないことの表れです。他にも恋愛・結婚等で思い当たる節のある人も多いのではないでしょうか?

関連キーワード

ライター情報: 勝部元気

株式会社リプロエージェント代表取締役社長。社会派コラムニスト。1983年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒。専門はジェンダー論や現代社会論等。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。著書『恋愛氷河期』(扶桑社)。所有する資格数は66個。

コメント 19

  • 匿名さん 通報

    過労死ラインを超えた基準を設けるなんて、異常すぎる。過労死を容認するのか。この国はもう駄目かも知れないと本気で思う。

    20
  • 匿名さん 通報

    100時間”残業”はきついよね。それに100時間残業をさせるとこってプラスサービス残業もはっきりと明言しなくてもやんなきゃいけない無言のプレッシャーをかけてくるし、、、。

    12
  • 匿名さん 通報

    政治家や官僚の考える事って、この程度だと日本中に知らしめたね。喜んでるのは残業を無くせない企業や経営者だけだよ。それと自画自賛のバカ政治家ね。

    11
  • ななし 通報

    日本の労働に時間が掛るのは、諸外国では80%で完成として適当にやっている仕事を120%の精度で徹底的に詰めて完成しようとするからだ。手抜きして良いなら、そんな楽なことはない。

    10
  • 匿名さん 通報

    きちんと給料が出るなら100時間でも構わないけどね。

    10
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品