ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

0

イノッチ発案「ひよこボタン」のアプリ登場 電車の子連れ母に「泣いても大丈夫」伝える

画像はイメージ

[拡大写真]

V6のイノッチこと井ノ原快彦さんが、またやってくれた! 女性の味方として喝采を浴びてきた井ノ原さんが今度は、すばらしいアイディアをNHK「あさイチ」で披露したのだ。

2016年10月19日放送の同番組では「気をつかいすぎ?社会」特集として、公共の場での子供の泣き声をめぐる問題について扱った。そこで井ノ原さんが発案したのが「ひよこボタン」だ。

ピヨピヨ音は「泣いても大丈夫」の意思表示


飛行機や電車にピヨピヨと音が鳴る「ひよこボタン」を設置しておく。子供が泣いたときにボタンを押し、「全然だいじょうぶよ。どんどん泣きなさい、子どもは泣くのが仕事だよ」という意思表示ができるという。公共の場で「泣いても大丈夫」と思っていても、なかなか口に出しにくい状況で使うそうだ。

これに対して視聴者はTwitterで「ひよこボタン、イノッチの優しさ溢れてる」「イノッチの発言、素敵だなー涙でる」「パパ目線でのお話ありがたい」など大絶賛。子育てに関する女性の悩みに真摯に向き合う井ノ原さんに胸を打たれた人は多いようだ。

番組を受けてさっそく「ひよこボタン」のAndroidアプリを作成するユーザーが現れた。@gaomarさんがつくったもので、説明文には「『ひよこボタン』を押して、お母さんに『迷惑じゃないですよ』『気にしていませんよ』を知らせてあげよう。『ぴよぴよ』の鳴き声が伝われば、お母さんもきっと安心して、赤ちゃんの面倒を見られるはず」と書かれている。

以前に番組でシングル女性の生き方を特集した際にも、視聴者から寄せられたトンデモ批判に力強く反論して称賛された井ノ原さん。このように愛される人間になるために、世の男性たちは彼から学ぶべきところは多い。

関連キーワード

2016年10月20日 21時56分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品