ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

10

公園で花を摘んだ友利新にクレーム! 為末大や乙武洋匡も反応

2017年4月27日 19時53分
画像はイメージです。

医師でタレントの友利新さんが、公園に咲いていたツツジを摘んだとブログに綴ったところ、批判を受けたため謝罪することとなった。これに対しSNSなどネット上では「もうこの社会に寛容さはないのかね…」と、落胆の声が多数上がっている。


公園で花を摘み子供に蜜を吸わせる→「窃盗罪もしくは器物損壊罪が成立します」


批判を受けたのは4月25日に投稿した「甘いね」というタイトルの記事。友利さんと長男が保育園帰りに公園を歩いていたところ、ツツジが咲いているのを発見。子どもの頃に花の蜜を吸ったことを思い出し、長男に伝えたところ、「やりたい!」と言い出したため、花の蜜の吸い方を教えてあげたという。記事には、長男が花の蜜を吸っている写真も掲載されていた。

投稿には「私も子供の頃にやった」「懐かしい」と共感の声が寄せられる一方で、「公園は公共の場所なので、所有者は都道府県もしくは市町村です。そこに植えられている植物類は、土地所有者の物で、窃盗罪もしくは器物損壊罪が成立します」「花が可哀想。公園の花を採らないでください。一応市町村の物です。やりたいと言えば何でも許可されるのですか?」といったコメントが寄せられた。

これを受けて友利さんは「ご指摘の通り大変軽率でした。不快な思いをさせてしまい本当に申し訳ありません」と謝罪文をブログに掲載した。


「不寛容社会の行き着く先」と嘆く声


友利さんのブログには、「重箱の隅をつつくような批判を浴びて、お気の毒です」「悲しい時代だなぁ。私も小さい頃つつじの蜜を吸うの大好きでした。息苦しいですね、今の時代は」「世知辛い世の中になりましたね。自分の子供の頃と世の中が変わってしまったようで残念です」といった励ましのコメントが寄せられている。

また、Twitter等のSNSでは、「不寛容社会の行き着く先ですなぁ」「これで謝罪させるような国っていったいなんなの」「『社会正義を行っている自分』に酔う人最近多過ぎる気がする」と嘆く声が。


コメント 10

  • 匿名さん 通報

    公共の植物や花に集まるミツバチやアブラムシ、セミなんかも公共物をあらす害虫として駆除の対象になるのか?子供の遊びでしょ多数の蜜を吸うわけでなし、いずれ花も落ちるし、世も末だ。

    14
  • 匿名さん 通報

    不倫野郎がコメントしていることに不快感

    7
  • 匿名さん 通報

    ブログは日記なんだし。コメントして批判するのもおかしい。 人の日記を読ませてもらっているんだし。

    3
  • 匿名さん 通報

    いえいえ、すわ有事かというときに閣僚たちの外遊をとがめないほど日本人は寛容であります。

    2
  • ニャン太 通報

    不倫ぐらいでガタガタ言うニャってことかニャ?

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品