ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

7

サビ残しない若者は「思いやり欠けている」 60代女性の意見への見解を弁護士に聞いた

2017年6月2日 21時00分

ライター情報:石原亜香利


先日の読売新聞に、サービス残業に対する60代女性の意見が掲載され、Twitter上で話題になった。「若い方はお金にシビア。『サービス残業はやらない』なんてとても寂しい。思いやりに欠けている」といった内容だった。




「サービス残業」は確かに一昔前、高度経済成長期の時代には珍しくなかった。しかし、今となっては残業代未払い問題もあり、「思いやりに欠けている」などというのは問題発言である。

「サービス残業はやらないなんて思いやりに欠けている」に対する弁護士の意見


そこで残業代未払いなどの対策に励む、弁護士の南谷泰史さんに、本件に対する意見やサービス残業を無くすための対策などを聞いた。

「考え方は人それぞれだと思いますが、これは不思議な考え方だと思います。『サービス残業』とは、『残業したのに、残業代という対価をもらっていない』ということです。法律的には、残業代は役務提供への契約上の対価なのですから、サービス残業は『商品を販売したのに、代金をもらっていない』のと変わりません。
例えば、『“お客さんに商品を無料で提供しない”なんて思いやりに欠けている」というのは、とても不思議な考えですよね。また、『思いやり』とは、辞書的には『他人の境遇に配慮・同情する』という意味です。少なくとも、会社に利益が出ている場合に、残業をする勤労者が会社の『境遇に配慮・同情』するべきというのは妙ではないでしょうか。

関連キーワード

ライター情報: 石原亜香利

ウェブ・雑誌などで執筆するライター。美容・健康・ダイエットネタからビジネス・マネーネタまで、人が知りたい情報をとことん突き詰めてご提供中。

URL:ライター 石原 亜香利の公式ブログ

コメント 7

  • 匿名さん 通報

    サービス残業=いい人の烙印が欲しい人の為に普通の人が迷惑する事例もありますね

    10
  • 匿名さん 通報

    この記事の要点は「残業の是非」じゃなくて「老害のアタマの中身」な。

    9
  • 匿名さん 通報

    〉若い時代、月200時間超えのサービス残業を2年した。そして今はそれなの地位を得ている。 サビ残させられてる人全員がそうなりゃ良いけどね。

    5
  • 村田 通報

    恥ずかしながら、私も若いころは完全に自主的に明確な目的があって行っていましたが、他人にすめるつもりはありません。 強制的な残業代未払いは完全な犯罪行為なのできちんと取り締まるべきです。

    4
  • 匿名さん 通報

    サービス残業の対価は人事評価だ。大企業になればなるほどその傾向は強い。若い時代、月200時間超えのサービス残業を2年した。そして今はそれなの地位を得ている。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品