ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

11

「クールビズ」7割以上が勘違い 当初の環境省資料には紛らわしい記述も

2017年8月8日 21時03分
クールビズ特設サイト

節電と地球温暖化対策のために2005年、当時環境相だった小池百合子氏が推進した「クールビズ」。夏を快適に過ごすための取り組みとして定着しているが、8月7日に公開されたアンケート調査では、7割以上の人がクールビズを勘違いしていることが明らかになった。


クールビズ「28℃」は“空調”ではなく“室温”


三菱電機ビルテクノサービスは、空調の設定温度を変更できる20代~60代(70代を含む)のオフィス勤務者男女1,000人を対象に、夏のオフィス環境に関する調査を実施。同アンケート内に、環境省が推奨するクールビズを正しく理解しているか尋ねる設問が用意されていた。
回答で最も多かったのは「衣服を軽装にして、エアコン(冷房時)の設定温度を28℃に設定すること」で38.2%、「衣服を軽装にして、エアコン(冷房時)の設定温度を25℃~28℃の間で設定すること」が2番目の25.4%だった。

しかし、同省が推奨しているのは「衣服を軽装にして、室内温度(冷房時)を28℃になるように調整すること」。正しく選択したのは23.8%で、7割以上がクールビズを誤解していることがわかった。
三菱電機ビルテクノサービス調べ

ネット上ではアンケートの結果に対して、「28℃ってエアコンの設定温度じゃなくて室温なんだ」「分かりにくいよ。僕も今日まで誤解してた」と自分も誤解していたという人が続出。
また「以前勤めていた会社がこれだった。エアコン設定が28℃で社内が暑く、仕事に集中できないという悪循環」「公共施設とかも28℃設定から下げないから、働いてる人も中で動いてる人も汗だくになるよね」と、様々な場所で誤解が蔓延していると指摘する人もいる。

コメント 11

  • 匿名さん 通報

    設定温度でも室温でもどっちでもいいが、28度が快適に仕事が出来る環境だというのは、何の根拠があって言ってるのか全くわからん。その時の動きによるから28度でも暑いものは暑い。

    14
  • 匿名さん 通報

    こんな記事を書くなら、室内温度を28度にする法的根拠ではなく、科学的根拠を示して欲しい。湿度や風によって快適感は大きく変わるのに、なぜ、温度だけを定めているのかも。

    9
  • 匿名さん 通報

    国会は何度設定なんだろう... 今迄エアコン温度設定って言ってたよ 議員さんたちは社会人が如何いう環境で働いているかも熟知してないのか クールだね...

    5
  • 匿名さん 通報

    どうでもいいが、公共施設は暑すぎ。民間は寒すぎ。

    4
  • 匿名さん 通報

    設定温度なんて意味ないでしょ?外気温や部屋の場所でも変わるから。 考えれば室内の温度だって分かりそうなもんだけど。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品