ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

4

「朝サウナ」で仕事の効率上がる? 実験したら予想外の結果になった件

2017年9月19日 08時00分

ライター情報:沢野奈津夫/HEW

話題の朝サウナを体験!


「朝サウナ」が流行っているらしい。なんでも、朝から血液の循環が良くなることで、脳みそがスッキリし、集中力が上がって仕事の効率が良くなるのだとか。

事実かどうかを確認するため、一度体験してみることにした。本来は、9時出勤なのだが、今回は思い切って朝6時にサウナに入り、いつもより早い8時に出社するという算段だ。普段それほど仕事に集中できてない筆者なので、これで一日集中力が保てれば、効果はてきめんと言える。

一週間の真ん中である水曜日、お邪魔したのは、鶯谷駅徒歩4分、今年の5月にリニューアルオープンした銭湯「ひだまりの泉 萩の湯」。なんと朝6時〜9時の間は、サウナの料金が無料となっている(通常は追加料金120円〜170円がかかる)。まさに朝サウナにうってつけの場所だ。



リニューアルしたばかりとあって、外観も内装もかなりキレイ。しかも、1階にコインランドリー、2階に休憩室兼食堂、3階が男湯で4階が女湯と、そこらのスーパー銭湯よりも広い。だがそれでも「萩の湯」は銭湯なので、入浴料金は都が定めている460円となっている。これにタオルセットを付けても530円と激安だ。



さらに、朝からお酒を飲むこともできる。食事メニューの注文ができるのは昼以降になるが、乾き物は販売している。この日も入浴後に飲酒している方が見受けられた。今回の朝サウナは仕事の効率のためである。ここはお酒はぐっと我慢することにする。




仕事前のサラリーマンはいるのだろうか?


「朝サウナ」が流行っているとは知っているが、実際にこれを活用している人はどのくらいいるのだろうか。

果たして、脱衣場に着き男湯を覗いてみると、パッと見だけでも14〜15人は入浴していた。早朝にも関わらずなかなかの盛況振りだ。これなら“本当に朝サウナで仕事の効率をあげているデキるサラリーマン”もいるかもしれない。



とここで大きな問題が。当たり前の事だが、銭湯は裸で入るもの。よって、客のうち誰がサラリーマンなのか全く見当もつかないのだ。なんとなく風貌でわかるさと高をくくっていたのが、これが全くわからない。裸からその人物の背景を想像するのは初めての作業だったが、予想よりも難しかった。仕方がないので、サラリーマンの特定は諦めて入浴しよう。

浴室に入ってみると、これがまた460円とは思えないほど広くてキレイ。光マイクロバブル湯、炭酸泉風呂、高温風呂、水風呂など、お風呂もバラエティに富んでいる。しかも、それぞれが10人以上余裕で入れる広さ。人はどんどん増えるのに、それでも窮屈になることは一切なかった。




関連キーワード

ライター情報: 沢野奈津夫/HEW

サッカー、漫画、食べ物、子持ち、ブサヘア、元芸人。

URL:Twitter:@natsuo_sawano

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    急な日常の変化が心身に負荷をかけただけでサウナ効果との関連性はないですね、日頃のパフォーマンスにサウナの効果が現れるのは習慣化してからですので継続してみてください(経験者より)

    2
  • 匿名さん 通報

    過剰サービス 人手不足でやる必要なし

    1
  • 匿名さん 通報

    こんなの実験しなくても分かりそうな結果。

    0
  • 匿名さん 通報

    自覚している以上に体力を消耗する行動なんだよなサウナって

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品