ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

0

ランチタイムはムダだらけ! できるビジネスマンの時間管理術【Testosteroneの筋肉仕事術】

2017年10月5日 19時00分

ライター情報:Testosterone


ランチタイムに並んでいないか? 今すぐ見直せ!


加えて、ランチ休憩の使い方もその日の時間効率を大きく左右する。ランチタイムはだいたい1時間あると思うが、1時間丸々休む必要なんてないと思っている。かなりの集中力を要する筋トレだって、トレーニングとトレーニングの間のインターバルは最長でも3~5分だ。

さすがにランチ休憩を5分で終わらせろとは言わないが、ランチ時はムダな時間のオンパレードだったりする。飲食店やコンビニの行列に並んでしまっていないだろうか? ランチ後、コーヒーを飲みながらスマホで時間を潰していないだろうか? ここに改善点は山ほどある。例えば、事前に作っておいた弁当を会社に持っていくこと。驚くほど時間効率が上がるのでぜひ試してみてほしい。

ランチ休憩で60分休むよりも、ランチの時間を短縮して一日に6回10分休憩をとったほうが集中力は持続するだろう。まあ、僕みたいに弁当を作らなくても会社に行く途中や前日の夜に弁当を買っておくだけで時間の節約が可能だ。
空いた時間で作業を片付けておくなり、頭をリセットするために昼寝してもいい。いずれにせよ、ダラダラと過ごしていても作業効率は上がらないことを覚えておいてほしい。

お昼過ぎに襲われる眠気の真犯人


お昼の過ごし方でいえば、ランチのメニュー選びにも注意が必要だ。午後の仕事に向けて精を出すべく、ガッツリと食べる人は多いと思う。だが、食べ過ぎてしまうと、食べ物を消化すべく胃に血液が多く集まり、脳に十分な血液が回らない可能性がある。また、炭水化物をたっぷり食べると、血糖値が急上昇してしまう。すると身体は、インスリンを分泌し、血糖値を正常な値に戻す。この血糖値の乱高下が起きたとき、身体はダルさや眠さを感じてしまう。お昼過ぎに襲われる眠気は、実は寝不足というより、血糖値の乱高下の可能性も高いのだ。血糖値が上がらないように、低GIの食材を選んだり、サラダから先に食べるなどの工夫が必要となる。

残業ばかりで辟易している人、作業効率が悪くて困っている人は、ここまで注意点として挙げてきたことを無意識にやっていないだろうか。今日から見直してみてほしい。きっとその効率の良さの虜になるだろう。
(Testosterone)

ライター情報: Testosterone

1988年生まれ/日本生まれ米国育ち/アジアのどっかで社長/トライリンガル(日英中)/元総合格闘家/ベストセラー作家/TWITTERフォロワー17万突破/クリスチャン/DIET GENIUS代表/筋トレが好き♡

URL:Twitter:@badassceo

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品