0

マンUの守護神デ・ヘア「財布を忘れた」、ドーナツ万引き報道について真相を語る

2011年10月4日 10時15分 (2011年10月8日 16時09分 更新)
 マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン人GKダビド・デ・ヘアが、イギリス紙『ザ・サン』が報じたドーナツ万引き疑惑について、その真相を語った。

『ザ・サン』紙は9月30日、デ・ヘアがマンチェスター近郊のスーパーマーケットで144円相当のドーナツを万引きし、警備員から拘束されて取り調べを受けたと報道。推定4億2000万円の年俸を受け取っているとされる名門マンチェスター・ユナイテッドの正GKの万引き報道は、大きな話題となっていた。

 この万引き報道について、スペイン『マルカ』紙がデ・ヘアのコメントを掲載。デ・ヘアは事の経緯を次のように説明している。

「大きく取り上げる必要もない、本当に些細な話さ。いとこと友達がスペインから僕に会いに来てくれて、一緒に買い物に出かけたんだ。僕たちはスーパーで、ドーナツとか、いろいろなものを手に取った。でも、財布を忘れたことに気がついてね。車まで取りに行こうとしたら、警備員は僕たちがお金を払わずに出て行くと思ったようなんだ」

「もちろん、警備員に説明しようとしたんだけど、僕の英語力ではうまく伝わらなかった。その後、スペイン人の女性が来て、警備員に説明してくれたんだ。彼女のおかげで誤解を解くことができた。最終的には、スーパーの人たちに謝罪されたよ」

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品