0

レアル、イスラム圏のスポンサーに配慮。エンブレム変更へ

2014年11月29日 17時29分 (2014年12月3日 06時05分 更新)

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 UAEのアブダビ国立銀行とのスポンサー契約に署名したレアル・マドリーだが、その際歴史あるエンブレムに微調整を施したようだ。

 スペイン紙『マルカ』が25日付で報じ、『ワシントン・ポスト』をはじめとした世界各国メディアが独自の分析を伝えている。

 マドリーとアブダビ国立銀行がスポンサー契約にともなって新たに発表したクレジットカード兼クラブメンバーズカードをよく見ると、エンブレムの最上部にあったはずの“十字架”が消されていた。

 これが様々な憶測を呼んだが、多くのメディアは「イスラム圏の文化に配慮するため」という見解で一致している。

 過去にも同様の事例があり、2012年にエミレーツ航空とスポンサー契約を結ぶ際にも今回と同様の「マイナーチェンジ」が行われた。

 ムスリムの人々にとって“十字架”はキリスト教のシンボルであり、簡単に受け入れられるものではない。

 よって、イスラム教圏での商業活動時には「新たなファンを追求するために、アイデンティティの側面で妥協していくだろう」と『マルカ』紙は分析している。

 今回のUAE国立銀行との3年契約ではかなりのお金が動くと言われているだけに、ビジネスパートナーを怒らせるようなことは避けたいはずだ。

 マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長も「UAEとの関係は常に強く成長している」とコメントするのと同時に「戦略的提携」とも語っており、完全に商業的な関係ということがわかる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品