0

志半ばも進行止まらず…岐阜の難病患った37歳青年社長が退任へ「心残りでしかない」

2015年11月24日 19時30分 (2015年11月26日 12時31分 更新)
[11.23 J2第42節 岐阜1-4福岡 長良川]

 FC岐阜恩田聖敬代表取締役社長(37)が退任することが発表になった。ホーム最終戦となった23日の試合後のセレモニーで、株主としてチームを支援するJトラスト株式会社の藤澤信義氏が明かした。

 恩田社長は今年1月に通称ALSと呼ばれる難病「筋委縮性側策硬化症」を患っていることを公表した。ALSは手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉が、だんだんやせて力がなくなっていく病気で、14年夏には研究支援を呼びかける運動として、「アイス・バケツ・チャレンジ」と呼ばれる運動が世界的に流行した。各界有名人が氷水を頭からかぶるなどの活動で、認知度を上げていた。

 公表後すぐに続投の意思を示し、職務を続けていたが、病状は悪化の一途を辿った。徐々にコミュニケーションが取れなくなったこともあり、業務を続けることは困難と判断された。

 試合後、会見の場が設けられた。恩田社長は現在、人の言葉は聞き取れるものの、会話をするのは困難な状態にある。それでも、会見ではアシスタントを通してだが、懸命に言葉を届けようと声を絞り出す。今後については「サポーターとして応援に徹する方がいいのかなと考えている」。ただ志半ばでの退くことについては、「心残りでしかない」と無念を語った。

 恩田社長と同席した藤澤氏は、「客観的に見ても、社長が務まるとは思えない状況だった。解任ということではなく、自ら新しい第一歩を進んでくださいと伝えた」と説明。「瀕死のFC岐阜からちゃんとした会社になるまでは築いてくれた」と労をねぎらった。

(取材・文 児玉幸洋)▼関連リンク
[J2]第42節 スコア速報

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品