0

J1王者鹿島に新戦力。ブラジル代表歴のある23歳アタッカー獲得

2017年1月12日 14時01分 (2017年1月13日 13時05分 更新)

鹿島アントラーズに加入するレアンドロ【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 J1の鹿島アントラーズは12日、ブラジルのパルメイラスからの期限付き移籍でFW/MFレアンドロを獲得したことを発表した。

 レアンドロは1993年12月5日生まれの23歳。これまでグレミオやパルメイラス、サントスなどブラジルの名門クラブでプレーし、2016年はパルメイラスからのレンタルでコリチーバに所属していた。

 2013年には2部に降格していたパルメイラスの1部昇格に貢献する活躍を見せ、ブラジル代表を率いていたルイス・フェリペ・スコラーリ監督からの招集も受けた。同年4月に行われたボリビア代表との国際親善試合で代表デビューを飾り、その試合で初ゴールも記録している。

 J1年間王者と天皇杯の“2冠王者“として臨む2017年シーズンに向け、鹿島が新たに補強したブラジル人選手は3人目。ヴィッセル神戸からはFWペドロ・ジュニオール、アルビレックス新潟からはMFレオ・シルバが加入している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品