0

浦和の槙野、J1通算250試合出場…劇的ドローのG大阪戦で達成

2017年3月20日 11時39分 (2017年3月20日 17時30分 更新)
 19日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節で、ガンバ大阪と浦和レッズが対戦。注目の一戦は1-0で迎えた後半アディショナルタイム、浦和のFWラファエル・シルバがPKを決めて同点に追い付き、1-1の引き分けに終わった。

 劇的なドローとなった一戦で、浦和の日本代表DF槙野智章が節目の記録に到達した。同選手はフル出場を果たし、J1通算250試合出場を達成している。

 2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の2試合に臨む日本代表に選出されている槙野にとって、代表合流前に記録たっせを果たすこととなった。

 浦和は4試合を終えて2勝1分け1敗、勝ち点「7」で6位。次節は4月1日、4連勝で首位を走るヴィッセル神戸とのアウェイゲームに臨む。


注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品