0

ユーヴェのボヌッチ、バルサ撃破で自信深める「偉大なチームだと証明」

2017年4月20日 22時36分 (2017年4月21日 12時50分 更新)
 19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグで、ユヴェントス(イタリア)は敵地でバルセロナ(スペイン)とスコアレスドロー。ファーストレグで3-0と勝利を収めていたため、2試合合計3-0で準決勝進出を決めた。

 ユヴェントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、準決勝進出を受けてコメントした。イタリアメディア『メディアセット』が伝えている。

 ボヌッチは、「相手がリスクを背負いながら、高い位置から試合を仕掛けてくるということは分かっていた。自分たちはうまく一体となって、団結した守備を行うことができた。(マリオ)マンジュキッチと(フアン)クアドラードの走りも大きく貢献してくれた。犠牲心を持って、謙虚にプレーすることもできたね。偉大なチームであることを証明したし、自信もさらに深まったよ」と、バルセロナを敵地カンプ・ノウで完封したことに胸を張った。

「これで決勝進出に一歩近づいた。目標は(決勝が行われる)カーディフに行くことだ。これで、他のチームがうちとの対戦を望まなくなったように思う」

 自信を示したボヌッチは「攻撃に切り替える際にあまりにも(多く)ボールを失ってしまった。何よりも自分がそのようなミスをしてしまった。自分たちが試合を組み立てなければならなかった。相手が自分たちの攻撃を跳ね返すことはわかっていたよ。うちにはラストパスだけが欠けていたんだ」と分析。課題を口にして、気を引き締めていた。


注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品