0

[なでしこ]日テレとINACは再び3差に…ちふれが今季初勝利:第6節

2017年5月4日 16時31分 (2017年5月6日 15時31分 更新)
 プレナスなでしこリーグ1部は3日に第6節を行った。首位の日テレ・ベレーザは敵地でマイナビベガルタ仙台レディースと対戦し、3-0で勝利した。前半30分の直接FKなどMF籾木結花の2得点で先行すると、後半37分には得点ランキングトップのFW田中美南が今季5点目を決めてダメを押した。

 前節で日テレに勝ち点1差に詰め寄っていたINAC神戸レオネッサは、敵地でAC長野パルセイロ・レディースと対戦。前半21分にオウンゴールで先制を許したINACだが、同41分にMF中島依美が同点弾を蹴り込み、同点に追いつく。しかし後半のシュート8本を打つ猛攻も実らず、1-1でドロー。日テレとの勝ち点差は再び3に開いた。

 最下位のちふれASエルフェン埼玉は敵地でジェフユナイテッド市原・千葉レディースと対戦。前半13分にMF薊理絵が先制点を決めると、この1点を守り抜いて1-0で勝利した。ちふれは今季初勝利を挙げた。

 ノジマステラ神奈川相模原は敵地でアルビレックス新潟レディースと2-2で引き分け。後半4分のFW南野亜里沙の先制点、同22分のMF田中陽子の勝ち越し点で常に先行したが、FW大石沙弥香に2ゴールを許し、ドローに持ち込まれた。

 浦和レッドダイヤモンズレディースは敵地で伊賀フットボールクラブくノ一に3-0で勝利。FW吉良知夏が2ゴール、FW菅澤優衣香が1ゴールを決めた。

 この結果、勝ち点を9に伸ばしたノジマが3位に浮上。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品