1

FIFAランク、日本はハリル体制最高の40位。ドイツが首位に返り咲き

2017年9月14日 17時19分 (2017年9月16日 06時56分 更新)

日本代表、FIFAランク40位に【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 国際サッカー連盟(FIFA)は14日、最新のFIFAランキングを発表した。日本はヴァイッド・ハリルホジッチ監督が就任して以降、最高順位に浮上した。

 今回は再び首位が入れ替わり、ドイツがブラジルを抜いてトップに立った。ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選で苦戦中のアルゼンチンは、前回6位だったポルトガルに抜かれて4位に順位を落としている。

 アジアトップは前回と変わらずイラクだった。順位は1つ下がって25位となっている。日本は前回44位から40位まで順位を上げた。これはヴァイッド・ハリルホジッチ監督体制最高の順位である。

▼上位20ヶ国
1.ドイツ
2.ブラジル
3.ポルトガル
4.アルゼンチン
5.ベルギー
6.ポーランド
7.スイス
8.フランス
9.チリ
10.コロンビア
11.スペイン
12.ペルー
13.ウェールズ
14.メキシコ
15.イングランド
16.ウルグアイ
17.イタリア
18.クロアチア
19.スロバキア
20.北アイルランド

▼アジア上位5ヶ国
25.イラン
40.日本
50.オーストラリア
51.韓国
53.サウジアラビア

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    弱。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品