0

「大惨事」イタリア、2位確定も格下とドローで危機感。プレーオフ逃す可能性も…

2017年10月7日 17時02分 (2017年10月8日 16時56分 更新)

イタリア代表守護神ジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 現地時間6日、イタリアはロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でマケドニアと対戦し、1-1で引き分けた。この結果、グループGの2位になることが決まっている。イタリアメディアは、この敗戦を受けとめている様子だ。

 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、「再び大惨事。プレーオフ進出を逃す可能性もある」と報道した。

 グループGで首位のスペインは同日、アルバニアに勝利して本大会出場を決めている。勝ち点3差で追っていたイタリアは、仮に勝ち点で追いついても得失点差で大きな差があるため、首位浮上は難しい立場。2位でプレーオフに回ることは想定の範囲内だったが、それでもマケドニア戦のドローは「ぱっとしない」内容で周囲に不安を与えている。

 各グループ2位の成績上位8チームがプレーオフに進出となるが、イタリアはまだ上位8チームが確定したわけではない。プレーオフ進出を決める上位8チームの決定方法は、グループ最下位との対戦成績を考慮せずに計算される。7試合を終えて勝ち点14のイタリアは、現時点でプレーオフ進出条件で2位につけているが、8位スウェーデンが2試合を残して勝ち点10。現時点でプレーオフに出られない9位ボスニア・ヘルツェゴビナも2試合を残して勝ち点8という状況で、プレーオフ出場権争いは接戦だ。

 7日に行われるベルギー戦でボスニア・ヘルツェゴビナが勝利を逃せば、イタリアはプレーオフ進出が確定する。もちろん、最終節で引き分け以上でも問題ない。それでも、プレーオフに臨むにあたって不安の残るパフォーマンスだったことは事実だ。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品