0

ベルギー代表でローマMF待望論。国民、仲間、メディアも好評価。問題は…

2017年10月7日 16時11分 (2017年10月8日 15時56分 更新)

ラジャ・ナインゴラン【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 ベルギー代表では、イタリアのローマでプレーするMFラジャ・ナインゴランの落選に大きな注目が集まっている。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、「チームメート、ファン、メディアが彼の招集を望んでいる」と記した。

 11月の国際親善試合で日本代表と対戦することが決まっているベルギー代表は、すでにワールドカップ(W杯)出場を決めており、本番に向けたメンバー選びが始まっている。前回メンバーを外れたナインゴランは、10月のW杯欧州予選メンバーからも外れた。
 
 ローマでのパフォーマンスが高く評価されるナインゴランは以前、ミーティングに遅刻したことでロベルト・マルティネス監督の怒りを買ったという見方がある。代表を外れた後に指揮官のメンバー選びに苦言を呈すなどしており、関係は良くない模様だ。

 それでも国民の信頼は揺らいでない。チームメートも能力を評価しており、MFトルガン・アザールは「ラジャのクオリティはみんな知っている。彼はローマで良いプレーをしているね。代表にふさわしいよ。それをこれまでに示してきた。ここに彼がいないのは残念だ」と語り、MFアクセル・ヴィツェルも「ラジャは良い選手で、チームにとって大事な選手だ。ただ、誰を呼んで誰を外すかを決めるのは選手じゃない」と話している。

 ナインゴランと監督の関係はW杯までに修復されるのだろうか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品