語尾の「ww」に6割超がご立腹!?

2015年3月14日 12時00分 (2015年3月26日 14時52分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
「三省堂の国語辞典にネットスラングが掲載された!」と話題になったのは、もう一昨年のことだったろうか。流行語が生まれては消えていくように"ネット上で使われる言葉"も常に進化しているが、なかでも顕著な例のひとつに、語尾につけるための"笑い"を意味する言葉がある。
インターネット普及以前から、雑誌の対談など"お堅くない文章"では使われていた「(笑)」。意味がない文章もなんとなく誤魔化せる、便利な「(笑)」…。だが、ネットやメールでこれを表示しようと思ったら、まず( )を入力し、( )の中に「笑い」と入力し、さらに「い」を消さなければ完成しない。
面倒になったのだろう、巨大掲示板「2ちゃんねる」ユーザーが、代用品として「藁」を使いだし、それさえ面倒に感じた誰かが「w」へと進化させたわけである。
ちなみに三省堂国語辞典に掲載された「w」の意味は「〔インターネットで〕(あざ)笑うことをあらわす文字」…というもの。この「(あざ)」の部分が問題なのであろう、NewsCafeのアリナシコーナーでは「語尾の『ww』に腹がたつ! アリかナシか?」という調査が実施されたらしい。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…65.1%】
■人を小馬鹿にしてる感じがする…。
■にこやかな笑いじゃなく、鼻で笑う様な悪意を感じる。
■なんでもかんでも語尾に「ww」はやめてほしい。
■意味分からん!
■かなり感じ悪いよね(怒)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品