0

【淫行疑惑報道】鳥越氏「聞く耳持たず」取材陣から逃走!お粗末“身体検査”を嘆く声も

2016年7月22日 06時00分 (2016年7月22日 11時11分 更新)
しかも都知事選の真っただ中だ。同氏の支持者は女性が多いだけに、この手の醜聞は致命傷になりかねない。

 マスコミは事実確認のためにこの日、世田谷区の保育施設を訪れた鳥越氏の元に集結した。視察を終えた同氏は囲み取材に応じ、保育士の月給や手取り金額を片っ端から聞いて回ったことを強調。隣にいた園長の男性にいきなり「キミは月にいくらもらってる?」と直撃し「25~26万円!? 安いなぁ。しかも独身か。結婚したいけど、その金額だと厳しいよなぁ」と、保育現場の厳しい状況を実感した様子を見せた。

 しかし、その冗舌ぶりは、自身の疑惑に及ぶと影を潜めた。取材陣から「文春の内容は本当ですか?」と矢継ぎ早に質問されたが、一顧だにせず、迎えの車へ。

 納得いかないマスコミとの第2ラウンドは、夕方に品川駅前で行われた街頭演説に移された。

 応援弁士には民進党の辻元清美氏(56)や山尾志桜里氏(41)ら4人の女性議員がズラリ。壇上に上がった鳥越氏は「私の強みは“聞く耳”を持っていることです。私は多くの声に耳を傾けてきた。それは体に染み付いているんです!」と絶叫し聴衆の喝采を浴びた。

 ならば疑惑にも答えてもらおうと、演説を終えた同氏には再び記者が殺到。「何かひと言!」「聞く耳があるのなら、質問に答えてください」と声が飛んだが、同氏はカメラを手で振り払いながら、またも無言で逃走した。

“聞く耳持たず”の姿勢に取材陣は「言ってることとやってることが違う!」と大ブーイング。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品