19

子育て困る親は無視!?安倍政権「家庭教育支援法」の仰天中身

2017年1月10日 06時00分 (2017年1月12日 23時13分 更新)



野党の反対を押し切り、カジノ解禁を含むIR法案、年金カット法案を強行採決するなど、“数の力”でやりたい放題の安倍政権。今度は1月下旬から始まる通常国会に、自民党が提出する予定の「家庭教育支援法案」(仮称)が物議を醸している。



家庭への支援というと「経済的な理由で進学できない人への支援」「いじめにあっている子どもの家庭にカウンセリング」など、困っている人に手を差し伸べるような法律なのかと思いきや、そうではない。憲法改正へ着々と準備を進めているのが透けて見えると識者は警告する。



どんな内容なのか、立命館大学法学部教授の二宮周平さんに聞いてみた。



「平たく言うと『家庭で親が子に、国や社会で役に立つ人になるための教育をしましょう』『国や自治体はその手助けをします』ということです。今、学校では、いじめや不登校といった問題が起きており、先生たちは、生徒一人一人のケアに手がまわらない状態です。家庭でしっかり子どもを指導してください、という趣旨でとらえると、法律を作るのは意味があると思いがちですが、そうではない。家庭教育に国が介入することを意味します」



また、全日本おばちゃん党代表代行、大阪国際大学グローバルビジネス学部准教授の谷口真由美さんも、こう語る。



「みんなが同じ方向を向きなさいという教育を家庭でも学校でもしようということ。枠からはみ出ないで、従順でお上にも逆らわない、そういう子どもを育てようとしているようなものです」



学校と家庭での意見が割れないようにしようというのが、この法律の狙いと谷口さんは指摘する。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 19

  • 匿名さん 通報

    国が家庭教育にそこまで口出しするなら大学までの教育費および芸術鑑賞費を無料化しろ。

    36
  • 匿名さん 通報

    全ての子供の医療費と教育費の無料化からまずやれよ。

    34
  • 匿名さん 通報

    安倍政権はつくづく変な政治するね。

    21
  • 匿名さん 通報

    そのうち結婚・出産も義務づけてくるんじゃないの?まるでどこかの宗教団体みたいに。

    19
  • 匿名さん 通報

    憲法改正希望。「教育の自由」ってのもいれろ。

    8
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品