13

豊田議員の新秘書「兼職」「頭髪」問題に余裕の答弁

2017年8月17日 07時00分 (2017年8月17日 16時12分 更新)

「このハゲーー!!」との政策秘書に対する暴言、暴行が問題視され自民党を離党した豊田真由子衆院議員(42)の後任秘書となった青森県板柳町の松森俊逸町議(61)が“失職危機”に直面した。15日に町議会の全員協議会が開かれ、松森氏の辞職勧告を決議する方向となったが、本人がすんなりと受け入れるとは思えない状況。さらに松森氏はあの頭髪への疑惑に対してキッパリと――。

 板柳町議と国会議員秘書との“二足のワラジ”を巡って、物議を醸していた松森氏。この日、非公開で行われた板柳町議会の全員協議会で、豊田氏の秘書就任に至った経緯を松森氏は説明した。

 葛西清人議長によると松森氏は「町議の仕事を優先する。国会議員秘書の経験が17年あり、仕事を理解している」と話したというが、豊田氏の地元事務所がある埼玉県新座市と板柳町は約700キロ離れ、新幹線を使っても約5時間はかかる。

「通うのは無理。ほとんどの町民、有権者は理解できないはず。辞職勧告を出す意思が固まった」(葛西議長)

 22日に各会派の代表者で協議し、来月4日の9月議会で松森氏に町議の辞職勧告が決議される運びとなった。

 ただ、当の松森氏は余裕しゃくしゃくだ。

「(兼職で)町議のキャパ(シティー)は広がる。地元のためになる」と従来の主張を繰り返した。

 永田町関係者は「松森氏は青森県知事だった木村守男・元衆院議員の秘書を長く務め、一介の町議ではないとの自負があるのでしょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 13

  • 匿名さん 通報

    豊田と松森、目の吊り上がり・ツルンとした顔つきなど姉弟か?と思うほど似ている。

    13
  • 匿名さん 通報

    兼業できるほど暇で楽な仕事だから、給料を1/5くらいに下げられる事だ。

    2
  • 匿名さん 通報

    とりあえず、豊田氏の有罪と民事賠償が確定するまで注目を下げない話題として上がって良かったのではないだろうか?

    2
  • 匿名さん 通報

    のらりくらりしながら「私利私欲は求めます。」今どきの政治家のスタンスを如実にあらわしてる。

    1
  • 匿名さん 通報

    道義的に問題あり、そもそも話題作りを優先しているところからして怪しい。どちらも静かに消えていく。 『このハゲーっ!ボスっ』のボスっがいけない、暴力を許してはならない。訴えるべき。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品